fc2ブログ

ネガティブのままでいい

ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文

夢と一緒に散りたくて

感情の発露  0

夢の宴のそのあとで別れ際じゃあね またねとあなたはわたしに手を振ったわたしもじゃあね またねと言いながらまだ別れたくない思いを振り切るようにして踵を返して歩いて行った震えるほどに心が叫ぶ永遠に夢の宴をつづけたいと狂い咲きする花のように咲いて咲いて咲き乱れて夢と一緒に散りたいと季節を越えて狂い咲きする花の真っ赤な血のように真冬の風に散りたいと夢の宴のそのあとで夢と一緒に散りたいと#ネガティブのままで...

READ MORE

過去行きの電車に乗って

感情の発露  0

過去行きの電車に乗っている今日という日も昨日という過去になって日が昇れば沈むという過去になって遠かったはずの未来も過去になって今この一瞬が過去になったときにまだ わたしは過去行きの電車に乗っているのだろうか過去行きの電車は常に各駅停車であの日あの頃 という駅に着く度わたしはそれを取り戻そうとするけれど途中下車は許されない過去行きの電車に終点はないだって わたしはこの世に産まれて来てしまったからどこ...

READ MORE

つつじの悲鳴に号泣する

愛しきイヌネコ  0

悲鳴のようなピンク色したつつじの花が 咲いている夜の闇にそこだけピンクに輝いているピンクの花にわたしはいつも我が子を 見るいなくなった我が子を 見る不意に悲しみが胸の奥から突き上げて来て我が子を思って号泣するいくら写真があってもあのあどけない姿はもうここにはないあの子の体温あの子の匂いあの子の瞳はここにはないつつじはあんなに鮮やかなピンクの光を放っているのにあの子はいないなぜ?なぜ?なぜ?と叫びな...

READ MORE

夢を買う・その4

感情の発露  0

束の間の夢の中わたしの隣りであなたは寝息を立てている少し硬いその髪を撫でながらまだあどけなさの残る寝顔を見つめるカーテンを少しだけ開けてみると刑務所色した現実という朝日が差し込むわたしは慌ててカーテンを閉めるまるで砂浜に作ったお城のようにあっという間に跡形もなく消えて行く 夢あと一刻あと一刻あと一刻砂のお城が崩れて行くのを感じながらそれでもわたしは未練がましく夢に逃げる刑務所色の現実に戻ることがつ...

READ MORE

ゴミ出しを忘れて死にたくなった

神経症  0

ゴミ出しを忘れて死にたくなった靴下が片方しかなくなって死にたくなったお気に入りのTシャツが消えて死にたくなったこの急いで過ぎる日常に私は着いて行かれないこの余りにもせわしい街に私はとても馴染めないただ日常に馴染んだフリをつづけてるから家に戻ると倒れ込むゴミを出し忘れて次のゴミ出しの日までこのゴミをどうしようかと悩みあぐねた疲れ切っているのに失くしたTシャツが忘れられなくて血まなこになって探し始めた...

READ MORE

希望も夢もない場所で

神経症  0

希望も 夢もない場所で夢を持てとか希望を捨てるなとか言われてもここには希望も夢もそもそも ないのだからそんなこと言われてもまるで意味が わからない希望も 夢も幸せもそんな言葉のある世界を私は もう忘れただからそういう言葉を耳にすると古傷が痛むんだよ11日が12日になって今日の次に明日が来てただ おんなじことの繰り返しでああ 今日もまたカーテンを開けなくちゃって思うときの 絶望感こんなただのリピート...

READ MORE

三重苦

神経症  0

海底に沈んで行くような抑うつ気分と雨雲がどんどん厚くなって行くような不安と血が暴れ出す地獄の不眠三重苦の日常に声も出せずに喘ぎつづけるそんな私におかまいなしに季節は勝手に巡ってる窓を叩く北風に 怯え足元から這い上がる冷気に 震える三重苦三重苦三重苦の日常に声も出せずに喘ぎつづける三重苦三重苦#ネガティブのままでいい#シニア女性#現代詩#詩#ポエム#心#闇...

READ MORE

老いと共に生きる

雑感  0

今日は、白内障手術の日です。だいぶ前から右目がかすんで見えなくなりました。眼科に行って白内障 と診断されたときはショックでした。手術自体は簡単なもので日帰りで、すぐに済みます。それより白内障と言われたことがショックでした。自分の 老い を受け容れ難くて。もうそんな年齢になってしまったんだとショックで。でも、老い ばかりは皆、平等にやって来ます。老い から逃れることはできません。そう思って何とか自分...

READ MORE

心病んでなお

神経症  0

心病んでなおどこまでも人間でありたいと 願う心病んでなおひとに心砕きたいと 願う自分のための涙でなくひとのために涙を流したいと 願うだけど心病んでいると真夏の 灼熱のように知らぬ間にひとを焦がしひとを燃やそうとしてしまう自分が不幸だと思い込んで無駄な涙ばかり 流すひとを焦がさずに 燃やさずにいられるようにひとを愛せるようにと 願う沈む灼熱と夜の闇とが 溶け合うあの 柔らかな夕日のように悲しむ人の涙...

READ MORE

アドレナリン中毒

神経症  0

広い宇宙の片隅にぽっかり浮かぶ私の姿は狭い天井一枚で何とか その場にとどまっているその天井が背中からだんだんと遠のいて行く恐怖空が 泣くとき夜中の目覚め頭に霞がかかるときどんな恐怖もひとりで堪えるしかないのその恐怖をかき消すように大音量で音楽をかけ踊る踊る踊り狂う赤い靴を履いたみたいに踊るのをやめられないアドレナリンが頭の中を占めると気持ちがいい気持ちがいい密かな遊びアドレナリンをガンガン ガンガ...

READ MORE