FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
こんなにも早く 8頭目の見送りが
やって来るとは思いませんでした。

ちち子(推定9才)、
きちんと診断してもらって、余命も聞いておこうと
昨日、動物病院に連れて行きました。

血液検査の結果
慢性腎不全だとばかり思っていましたが
糖尿病 でした。

治療法は
人間と同じインスリンの注射ですが
イヌネコの場合、何も理解出来ないため
かなり治療は大変になります。


「このまま何もしなかったら、あとどのくらい生きられますか?」
の私の問いに

獣医師は
「あと一か月もたないでしょうね」
と答えました。

あと一か月・・・・
あと一か月・・・・
そんな・・・・
もうすぐこの愛おしい子がいなくなるなんて・・・・

そう思って、涙が吹き出ました。

それでも、私はこの子に 一切の治療行為はしません。
「治療」として
痛い思いをさせ、今以上のストレスを与えたくないんです。
それにもう、末期ですから。

自然の流れに任せたいと思っています。

さぞしんどいだろうと思いますが、
この子が、出来る限り楽でいられることを
最優先してあげたいと思います。

人間と違って、イヌネコには判断出来ません。
(野生の判断力は持ち合わせていますが)
自分の今後をどうするか
延命治療を施しても生きたいか、しないでそのまま死を迎えるか
治療するにしても、どんな治療法でやって行くのか

それらを、口のきけないイヌネコに代わって判断するのが
飼い主の役割りであり、責任だと思っています。

どんなに 悲しくても、私もまたこの道を通ります。

そしてまた、ごん太のときと同じように
ちち子が残してくれるであろう その生き様や死に様からの学びを
ひとつひとつ大事に、きらきら光る小石を手ですくうように

わあわあ泣きながら、拾います。

130709_1728~01



ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/07/10 00:12】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


カプチ
何と言っていいのか分かりません。
せめて苦しみが大きくならないことだけを祈ってます。
同じ生き物として。

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

今日は、大急ぎで家に帰って来ました。

もういよいよ虫の息で
今夜か明日までもつか と言うカンジです。

獣医さんはずっとこの子を見てる訳じゃないですからね
あと一か月 と言われて
「そんなにはもたないだろうなあ・・」と思っていたら
やっぱりそうでした。

この気候のせいもあって
がくん・・と悪くなってしまったのでしょうね。

悲しくてたまらないけど
苦しみは短くて済む・・・

今夜は寝ずに、この子が息を引き取るまで
見守っているつもりです。


>同じ生き物として。
ありがとう・・・・・・・。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
何と言っていいのか分かりません。
せめて苦しみが大きくならないことだけを祈ってます。
同じ生き物として。
2013/07/10(Wed) 11:15 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、ありがとう。

今日は、大急ぎで家に帰って来ました。

もういよいよ虫の息で
今夜か明日までもつか と言うカンジです。

獣医さんはずっとこの子を見てる訳じゃないですからね
あと一か月 と言われて
「そんなにはもたないだろうなあ・・」と思っていたら
やっぱりそうでした。

この気候のせいもあって
がくん・・と悪くなってしまったのでしょうね。

悲しくてたまらないけど
苦しみは短くて済む・・・

今夜は寝ずに、この子が息を引き取るまで
見守っているつもりです。


>同じ生き物として。
ありがとう・・・・・・・。
2013/07/10(Wed) 14:22 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック