FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
老ネコの 

生き様 死に様を

反芻するように 思い出す私



ああ・・・たかが一匹の猫である

お前の 短い人生に

賢治の

「雨ニモ負ケズ」を見る

なんて言ったら

賢治は 怒るだろうか


ヒドリノトキハ ナミダヲナガシ

サムサノナツハ オロオロアルキ

ミンナニ デクノボートヨバレ

ホメラレモセズ 

クニモサレズ


まさに お前は

こう生きた


愛しき デクノボーよ

もう土に 

帰ろうな

芝墓地

共同墓地

芝墓地、納骨堂の他に 共同墓地もあります。
今の時期は、芝生が綺麗です。
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/05/28 01:23】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


satoichi
色んな感情が一度に溢れてきて、うまく言葉にできない涙が出てきました。
一つの命を全うするということは、とても偉大で、尊いことなのですね。
僕が言葉にするとありふれた言葉になってしまって書くことができませんが、大切なことを教えていただきました。

老ネコのご冥福をお祈り致します。

Re: satoichiさん
ナレイ
はじめまして。

コメント、ありがとうございます。

そんな風に言って頂けて、嬉しい限りです。

私も上手く言葉にならないのですが、
たかが猫一匹であっても、その死に学ぶことが
こんなにも大きかったことを、実感しています。

彼(老ネコ)は、どんな姿になっても
年取って上手く食べられなくなっても、ヨロヨロになっても
人間みたいに「どーせ、俺なんか生きてたって迷惑かけるばかりで・・」
なんて微塵も思わず

ただ「生きた」んです。

その生き様、そして死に様が
賢治の「雨ニモ負ケズ」と重なりました。

彼の最後の姿は
賢治の詩そのもの のように私の目には映りました。

>老ネコのご冥福をお祈り致します。
ありがとうございます。
6月の初旬には、納骨に行って来ます。


上手い言葉がみつからなくて
bisuko
コメントできずに、さまよっていたのですが・・・

なんていうのか

ナレイさんが過去にかかれた「たこ八郎と言う人」とかを読み返したり
「生きる」ということを考えたり
そういう時間を、ゴンさんからもらっています。

一度だけ、会ったときに
側にぴとっと座ってくれたことも、嬉しかった。

離れたところからですが
「ありがとう」という気持ちを、ゴンさんにおくりたいです。



Re: 上手い言葉がみつからなくて
ナレイ
bisukoちゃん
コメント、おおきに~♪

私もね、上手く活字にならんのよ。

ただごん太の死が
私に与えたものが余りに大きかったことは確かで
自分でもびっくりしているの。

1匹の猫の死に、これだけ学ぶことが多いなんて・・・と。

そう。「生きる」って・・
かっこ悪い、みっともない、みんなに迷惑をかけて
それでも自分の生をまっとうする
だから他人に優しく出来る・・・

そうだね、たこちゃんもそうだった・・

ごん太のあの生き様、死に様を見て
そんなことが感じられてならないんよ。

それを感じると
自分が本当に些末なことで悩んでるような気さえしてね。

>一度だけ、会ったときに
>側にぴとっと座ってくれたことも、嬉しかった。
ごん太はひとが大好きだから、くっついて行ったんやろね。

>離れたところからですが
>「ありがとう」という気持ちを、ゴンさんにおくりたいです。
ごん太に伝えておくね。

私からも、そんな風に思ってくれて
ありがとう。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
色んな感情が一度に溢れてきて、うまく言葉にできない涙が出てきました。
一つの命を全うするということは、とても偉大で、尊いことなのですね。
僕が言葉にするとありふれた言葉になってしまって書くことができませんが、大切なことを教えていただきました。

老ネコのご冥福をお祈り致します。
2013/05/29(Wed) 00:02 | URL  | satoichi #-[ 編集]
Re: satoichiさん
はじめまして。

コメント、ありがとうございます。

そんな風に言って頂けて、嬉しい限りです。

私も上手く言葉にならないのですが、
たかが猫一匹であっても、その死に学ぶことが
こんなにも大きかったことを、実感しています。

彼(老ネコ)は、どんな姿になっても
年取って上手く食べられなくなっても、ヨロヨロになっても
人間みたいに「どーせ、俺なんか生きてたって迷惑かけるばかりで・・」
なんて微塵も思わず

ただ「生きた」んです。

その生き様、そして死に様が
賢治の「雨ニモ負ケズ」と重なりました。

彼の最後の姿は
賢治の詩そのもの のように私の目には映りました。

>老ネコのご冥福をお祈り致します。
ありがとうございます。
6月の初旬には、納骨に行って来ます。
2013/05/29(Wed) 04:04 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
上手い言葉がみつからなくて
コメントできずに、さまよっていたのですが・・・

なんていうのか

ナレイさんが過去にかかれた「たこ八郎と言う人」とかを読み返したり
「生きる」ということを考えたり
そういう時間を、ゴンさんからもらっています。

一度だけ、会ったときに
側にぴとっと座ってくれたことも、嬉しかった。

離れたところからですが
「ありがとう」という気持ちを、ゴンさんにおくりたいです。

2013/05/29(Wed) 08:20 | URL  | bisuko #-[ 編集]
Re: 上手い言葉がみつからなくて
bisukoちゃん
コメント、おおきに~♪

私もね、上手く活字にならんのよ。

ただごん太の死が
私に与えたものが余りに大きかったことは確かで
自分でもびっくりしているの。

1匹の猫の死に、これだけ学ぶことが多いなんて・・・と。

そう。「生きる」って・・
かっこ悪い、みっともない、みんなに迷惑をかけて
それでも自分の生をまっとうする
だから他人に優しく出来る・・・

そうだね、たこちゃんもそうだった・・

ごん太のあの生き様、死に様を見て
そんなことが感じられてならないんよ。

それを感じると
自分が本当に些末なことで悩んでるような気さえしてね。

>一度だけ、会ったときに
>側にぴとっと座ってくれたことも、嬉しかった。
ごん太はひとが大好きだから、くっついて行ったんやろね。

>離れたところからですが
>「ありがとう」という気持ちを、ゴンさんにおくりたいです。
ごん太に伝えておくね。

私からも、そんな風に思ってくれて
ありがとう。



2013/05/29(Wed) 17:04 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック