FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
老ネコよ

あんな姿になって 

それでも生き抜いた お前の姿は

そこらの学者が言う

「命の尊厳」だとか「命の重み」だとか

そんな言葉より よほど

私の心に 今も響いてる




与えられた 環境を

そのまま 受け入れて 

もう歩けないのに 歩こうとして

何度も 転んで


お前は 意志を持って生きた

自分の生を まっとうした 

 



ひとの生き様を

ひとの死に様を

お前は 自分の身を呈して

私に 教えてくれた





ありがとう

一生 忘れないよ

お前は、立派だったよ

130514_0655~02

ごん太祭壇3


ごん太の死に顔と遺骨の画像です。不快な方は見ないで下さい。
何だか 人間のお爺ちゃんの寝顔 みたいに私には見えて
思わず撮りました。

友人が沢山花を持って来てくれました。
棺の中も、花でいっぱいにして見送りました。
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/05/23 02:58】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


まさと
ご冥福をお祈りいたします。

Re: まさとさん
ナレイ
ありがとう。

ごんちゃんも、もう楽になって、
私もホッとしているよ。

ぽっかり穴が空いたようで
何だか寂しいけどね。


シイタ
あ・・・ゴンちゃんだ・・・。
そっか。
ごめん、どう言っていいのかわからないけど。
尊厳とか言葉にすると嘘っぽく聞こえけど、死顔にはやっぱり厳かさが漂うような気がする。
遊びに行っても、もうそこにゴンちゃんいないのね。
でも、近いうちに手を合わせに伺わせて下さい。
ナレイさんの百分の1にも満たないだろうけど、触れあった時間なりの喪失感(?)やっぱり感じます。

Re: シイタさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

ごん太が死ぬのはもう大往生だからいつでも良い
と思ってたの。

だけど死ぬまでがね、あんなに苦しむと思わなくて
それを一人で見てるしかないのが何より辛かったんよ。

是非来てやって。
6月9日には納骨に行くけど

いつでも、シイタさんが来てくれたらうれしいわ。
ごんちゃんも、「ひと大好き」ネコだったしね。


シイタ
そう、ゴンちゃん苦しかったのね・・・。
苦しむ姿をただ見てなきゃいけないってのは、同じくらいに苦しいね。
生死の際の苦しみや痛みは誰とも共有できないし、そのときの思いを誰かに伝えることもできないまま幕を閉じなきゃいけない。
言葉を持たない生き物の死に様のほうが、この世の不条理さとか理不尽さ?を雄弁に訴えてるって感じたことあったよ。
あ、話がそれ過ぎ(笑)
でも、もう楽になれたね。よかったね。

Re: シイタさん
ナレイ
最コメント、ありがとう。

そうなの。
苦しむ姿を、一人ですっと見てることしか出来なかったことが
何より辛かったわ・・・

今度もやっぱり、母の時と同じく、誰とも共有出来ないのね・・と思ったりしてね。

>言葉を持たない生き物の死に様のほうが、
>この世の不条理さとか理不尽さ?を雄弁に訴えてるって感じたことあったよ。
これを、今 実感してる。

ごん太はもう楽になったから良かったけど
私は、彼の死に様から学ぶことが余りに多くてね、

書けないのよ・・いつものような
ネガティブな詩が。

歩けないのに歩こうとする、
どんなになっても、ただ生きようとしてたあの姿を思うとね、
ネガティブなことを言えないの・・・・。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ご冥福をお祈りいたします。
2013/05/24(Fri) 10:48 | URL  | まさと #-[ 編集]
Re: まさとさん
ありがとう。

ごんちゃんも、もう楽になって、
私もホッとしているよ。

ぽっかり穴が空いたようで
何だか寂しいけどね。
2013/05/24(Fri) 13:02 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
あ・・・ゴンちゃんだ・・・。
そっか。
ごめん、どう言っていいのかわからないけど。
尊厳とか言葉にすると嘘っぽく聞こえけど、死顔にはやっぱり厳かさが漂うような気がする。
遊びに行っても、もうそこにゴンちゃんいないのね。
でも、近いうちに手を合わせに伺わせて下さい。
ナレイさんの百分の1にも満たないだろうけど、触れあった時間なりの喪失感(?)やっぱり感じます。
2013/05/25(Sat) 21:02 | URL  | シイタ #-[ 編集]
Re: シイタさん
コメント、ありがとう。

ごん太が死ぬのはもう大往生だからいつでも良い
と思ってたの。

だけど死ぬまでがね、あんなに苦しむと思わなくて
それを一人で見てるしかないのが何より辛かったんよ。

是非来てやって。
6月9日には納骨に行くけど

いつでも、シイタさんが来てくれたらうれしいわ。
ごんちゃんも、「ひと大好き」ネコだったしね。
2013/05/26(Sun) 02:28 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
そう、ゴンちゃん苦しかったのね・・・。
苦しむ姿をただ見てなきゃいけないってのは、同じくらいに苦しいね。
生死の際の苦しみや痛みは誰とも共有できないし、そのときの思いを誰かに伝えることもできないまま幕を閉じなきゃいけない。
言葉を持たない生き物の死に様のほうが、この世の不条理さとか理不尽さ?を雄弁に訴えてるって感じたことあったよ。
あ、話がそれ過ぎ(笑)
でも、もう楽になれたね。よかったね。
2013/05/26(Sun) 08:43 | URL  | シイタ #-[ 編集]
Re: シイタさん
最コメント、ありがとう。

そうなの。
苦しむ姿を、一人ですっと見てることしか出来なかったことが
何より辛かったわ・・・

今度もやっぱり、母の時と同じく、誰とも共有出来ないのね・・と思ったりしてね。

>言葉を持たない生き物の死に様のほうが、
>この世の不条理さとか理不尽さ?を雄弁に訴えてるって感じたことあったよ。
これを、今 実感してる。

ごん太はもう楽になったから良かったけど
私は、彼の死に様から学ぶことが余りに多くてね、

書けないのよ・・いつものような
ネガティブな詩が。

歩けないのに歩こうとする、
どんなになっても、ただ生きようとしてたあの姿を思うとね、
ネガティブなことを言えないの・・・・。

2013/05/26(Sun) 11:13 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック