FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
夕暮れから 夜のとばりが降りる頃

私の心が 騒ぎ出す


街中の 灯りが消えているうちに

目覚めてしまうことの 恐怖


鳥も ひとも 

寝息を立てる 夜の闇


静寂が 私の心を狂わせる


皆は 寝ているのに 

私はずっと 起きている



頭がどんどん 冴え渡る


闇はインクのように この家に

染み込んで 広がり

私を 塗り潰し 呑み込んで行く


白い錠剤を 煽ってみても

大した効果は 望めない



闇に 塗り潰される恐怖



ああ 辺りがようやく

白んで来たときの あの安堵・・・・


恐怖と 安堵を


ひとり 繰り返す 毎日

artistic-blue-painting-splashes_275-5172.jpg

にほんブログ村 ポエムブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/04/25 02:45】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック