FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
街は 桜が 満開で

春風 そよそよ吹いているのに

どうして私の心は 寒いの?

そう あなたに 訊いてみた


あなたは 言った

自分を もっと許してあげなよ

春風は あなたの元にも

ちゃんと 吹いているんだよ

あなたに それが

見えないだけだよ


あなたと 話すと

猫背の背中に 背負った荷物が

ほんの少しだけど 軽くなる


遠く遠くに 桜が見える

ひらひら ほろほろ

いつか 涙の花びらが 

心に落ちて 舞いますように

桜の花

ひとが優しいこと、そんな「怖いもの」なんかじゃないってこと、
私はちゃんとわかってるのにね、頭では。
にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ


スポンサーサイト




FC2blog テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

【2013/03/27 06:11】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック