FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
震災から3ヶ月。

3月11日のあのとき以来、私は腹を括った。

いつ東京に、いやどこに来てももうおかしくはないだろうと。

よく、貧困の国や紛争地帯の映像を観て

戦争中の映像を観て

「日本に生れて良かった」「今の時代に生れて良かった」

と言う人がいるけれど

私はそう言うものの見方が嫌いだ。

ひとは、生れや育ち、時代を選べない。

他の国や地域、時代と比べてそこより豊かだから良かった

と言うのは、そこに住む人、その時代を生きた人に失礼だ。

諸外国の人は今頃

「日本に生まれなくて良かった」と思っているかも知れない。

平成23年6月13日の今日も、東京上空を、ヘリコプターが飛ぶ。

被災地へ向かうのだろう。

昭和の時代からここに建っている

元々20アンペアしかない我がマンションには

目もくれずに。

110525_1846~01


スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/06/13 06:17】 | 震災に思う
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック