FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自転車きしむ 音立てて

母は いのちの ペダルこぐ

最期のペダルを ギーギーと

凄まじい音 響かせて


ねえ お母さん 自転車は

もう こがないで 降りていい

黄色くなった手 さすりつつ 

言ってもやめない こぐことを


ギーギーギー 

最期のペダルが 止むまでに

余りに 時間がかかったね


ギーギーギー

あれから何年 経ったのか

母のペダルの 音だけが

今も聞こえて 眠れない



母は さんざん自転車こいだ

愛車みたいに 自転車を


大事に 大事に してたよね

16526694.jpg

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2013/03/25 04:48】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


まさと
きしむ音
もうとっくに
油は切れているのに

苦痛で顔がゆがんでも
そんな、そぶりは見せない
いつも、笑顔がそこにある

私を守るために

と、感じたままを書かせてもらいました。
母ちゃんの、必死になって我が子を守ろうとする
姿が浮かびます。
母を忍ぶいい詩やと思います。





Re: まさとさん
ナレイ
コメント、おおきに。

>もうとっくに
>油は切れているのに
そうね。

母の油はもう切れていた。
なのに、

余りにも長い時間、苦しませることになってね、
きしむ音がずっと続いているのに

急性期の婦人科病棟では何の処置もしてもらえず
本当にただ見てるだけで

私はそのことをずっと引きずってるの。

子宮癌で余命が1ヶ月しかなくて
緩和ケア病棟に転院させるとか、ホスピスとか
私一人では頭がそこまで周らなくて。

元気だった頃の母は
そう。いつも笑顔で、元気で
自分の生徒たち(英語塾講師だったから)を我が子みたいに思ってた。

最期までね。

あの音が、14年経った今でも
本当に耳にこびりついて離れないんよ。

Re: 追伸
ナレイ
まさとさん

母の死については
私には多くの課題が残されてるんだけど

それはカテゴリの中から拾って読んでもらうこととして

私は長年精神療法を受けてるんだけど
そのセラピスト・ハッチの言葉

「オレもそうなんだけどさ、なかなか人間て
自分は無力だ ってことを受け入れられないんだよね」

せめて「自分はお母さんの死を前にして無力だった」
これを心底感じられたら、もっと楽になれるんだと思う。

まだまだ「あれも出来たのにこれも出来たのに」なんて
悔いているからね、苦しいの。

ろくに何も出来ない自分 をそれでいい、と、先ず受け入れてあげないと。


まさと
過去のブログ、少し拝見させてもらっていました。
母ちゃんの死を境に、心の病を患ったと記憶しています。
俺は、医者でも、カウンセラーでもないので専門的なことは分かりません。
俺が思うのは、今のままで、えんやないかな?
慌てることなくね。

『ろくに何も出来ない自分 をそれでいい、と、先ず受け入れてあげないと。』
と、自分自身のことに気が付いているようやからね。
詩を書いて楽になったと、書いていたので

書き捨てでもいい
なぶり書きでもいい
箇条書きでもいい

書いているうちに何か、自分が見えてくるかもね。
そして、書いたことを深く掘り下げないことと思います。

俺、うどんが大好物なんや!
なんで?
好きだから!
それだけのことと思います。

自分と向き合う、難しいけど案外、単純なことかもしれません。
周りの人が、理解しないと治るものも治りませんからね。

言葉足らずですみません。
言っていることが間違っていたらごめんなさい。





Re: まさとさん
ナレイ
再コメント、おおきに♪

「カテゴリから入って読んでみて」なんて言ったので
私もちょっと改めて読んでみたらば
あらら・・・・こりゃちょっと量がパないわ・・・と反省~
しかもあまり母のことには触れないように、敢えてして来たことに気づいたわ~

深層の肝心なことは、あまり活字にしないほうが良いと思って書いてないやん・・。

私が神経症になったのは、母の死よりもっと前、
人生最早期の母子関係に起因してると考えられてるんよ。
その修復が出来そう・・・なときに
不幸なことに突然母が死んだため、回復に向かっていた症状が
一気に悪化したんやね。

そして、私の大きな問題のひとつが感情ブロック
マイナスの感情を出せない これ。

だから
まさとさんが言ってくれてるように

>書き捨てでもいい
>なぶり書きでもいい
>箇条書きでもいい
こういうことが大事やと私も思ってるんよ。

詩なら苦しみ悲しみの感情をいくらでも出せる・・・!
と思って。

>自分と向き合う、難しいけど案外、単純なことかもしれません。
本当にそうやと思う。

けど私のような頭でっかちには
単純なことが出来るまで が難しいんやろなーと思って
そう。
慌てることなく、のたりのたりで良いと思ってます。

まちごーてなんかないよ。
わかろうとしてくれる。それが嬉しいんや。
ありがとう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
きしむ音
もうとっくに
油は切れているのに

苦痛で顔がゆがんでも
そんな、そぶりは見せない
いつも、笑顔がそこにある

私を守るために

と、感じたままを書かせてもらいました。
母ちゃんの、必死になって我が子を守ろうとする
姿が浮かびます。
母を忍ぶいい詩やと思います。



2013/03/25(Mon) 10:15 | URL  | まさと #-[ 編集]
Re: まさとさん
コメント、おおきに。

>もうとっくに
>油は切れているのに
そうね。

母の油はもう切れていた。
なのに、

余りにも長い時間、苦しませることになってね、
きしむ音がずっと続いているのに

急性期の婦人科病棟では何の処置もしてもらえず
本当にただ見てるだけで

私はそのことをずっと引きずってるの。

子宮癌で余命が1ヶ月しかなくて
緩和ケア病棟に転院させるとか、ホスピスとか
私一人では頭がそこまで周らなくて。

元気だった頃の母は
そう。いつも笑顔で、元気で
自分の生徒たち(英語塾講師だったから)を我が子みたいに思ってた。

最期までね。

あの音が、14年経った今でも
本当に耳にこびりついて離れないんよ。
2013/03/25(Mon) 12:53 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
まさとさん

母の死については
私には多くの課題が残されてるんだけど

それはカテゴリの中から拾って読んでもらうこととして

私は長年精神療法を受けてるんだけど
そのセラピスト・ハッチの言葉

「オレもそうなんだけどさ、なかなか人間て
自分は無力だ ってことを受け入れられないんだよね」

せめて「自分はお母さんの死を前にして無力だった」
これを心底感じられたら、もっと楽になれるんだと思う。

まだまだ「あれも出来たのにこれも出来たのに」なんて
悔いているからね、苦しいの。

ろくに何も出来ない自分 をそれでいい、と、先ず受け入れてあげないと。
2013/03/25(Mon) 16:08 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
過去のブログ、少し拝見させてもらっていました。
母ちゃんの死を境に、心の病を患ったと記憶しています。
俺は、医者でも、カウンセラーでもないので専門的なことは分かりません。
俺が思うのは、今のままで、えんやないかな?
慌てることなくね。

『ろくに何も出来ない自分 をそれでいい、と、先ず受け入れてあげないと。』
と、自分自身のことに気が付いているようやからね。
詩を書いて楽になったと、書いていたので

書き捨てでもいい
なぶり書きでもいい
箇条書きでもいい

書いているうちに何か、自分が見えてくるかもね。
そして、書いたことを深く掘り下げないことと思います。

俺、うどんが大好物なんや!
なんで?
好きだから!
それだけのことと思います。

自分と向き合う、難しいけど案外、単純なことかもしれません。
周りの人が、理解しないと治るものも治りませんからね。

言葉足らずですみません。
言っていることが間違っていたらごめんなさい。



2013/03/25(Mon) 18:22 | URL  | まさと #-[ 編集]
Re: まさとさん
再コメント、おおきに♪

「カテゴリから入って読んでみて」なんて言ったので
私もちょっと改めて読んでみたらば
あらら・・・・こりゃちょっと量がパないわ・・・と反省~
しかもあまり母のことには触れないように、敢えてして来たことに気づいたわ~

深層の肝心なことは、あまり活字にしないほうが良いと思って書いてないやん・・。

私が神経症になったのは、母の死よりもっと前、
人生最早期の母子関係に起因してると考えられてるんよ。
その修復が出来そう・・・なときに
不幸なことに突然母が死んだため、回復に向かっていた症状が
一気に悪化したんやね。

そして、私の大きな問題のひとつが感情ブロック
マイナスの感情を出せない これ。

だから
まさとさんが言ってくれてるように

>書き捨てでもいい
>なぶり書きでもいい
>箇条書きでもいい
こういうことが大事やと私も思ってるんよ。

詩なら苦しみ悲しみの感情をいくらでも出せる・・・!
と思って。

>自分と向き合う、難しいけど案外、単純なことかもしれません。
本当にそうやと思う。

けど私のような頭でっかちには
単純なことが出来るまで が難しいんやろなーと思って
そう。
慌てることなく、のたりのたりで良いと思ってます。

まちごーてなんかないよ。
わかろうとしてくれる。それが嬉しいんや。
ありがとう。
2013/03/25(Mon) 18:41 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック