FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ホームレスだったあなたが

車に引かれたそのために

暖かなベッドと食事を手に入れた

頭の骨と言葉を失った代わりの 

私らの看病と死の床まで

へこんだ頭でよく怒り

めめめ・・と、あなたはよく笑った

あなたは確かに、生きていた

私が作ったあなたの戒名

放蕩院自由奔放居士(ほうとういんじゆうほんぽうこじ)

あなたは確かに、生きていた



死の床に臨む仕事

野に咲く花

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

【2013/03/19 03:21】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック