FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
僅かな睡眠を取って、意識が戻って来て
蛍光灯の灯りを点けると、見慣れた居間の景色が
目に入って来る。

ネコに引っかかれてボロボロになったソファ。
それだけ高価・みたいな友人からもらった
ガラスのアンティークテーブル。

その景色を見る度、
また今日も一日、生きねばならぬのか・・と
陰鬱とした気分にさせられる。

あと何度、この景色を見れば
解放されるのだろう
そんなことを思いながら。

何にも考えたくない・・・・・。

「風に吹かれて」を思い出した。

英語の歌と言うのは
何となく、ニュアンスだけで歌ってるので
本来の意味をよくは知らないままだけど

意味がわかると
物凄く深い歌詞だったりするのね。

英語の音のほうが、日本語の音より
私には歌いやすい。
日本語よりずっと母音が多くて
メロディーに乗せやすいから。

何も考えたくないときは、ただ歌う。
そうすると少し楽になるから。
その意味じゃ、QUEENの歌は、私には救いだわ・・・。
日本語の歌の3倍、覚えるのに時間はかかるけど
苦にならんので。

♪How many years can some people exist
  Before they're allowed to be free?
  
Yes, 'n' how many times can a man turn his head,
  Pretending he just doesn't see?
  
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

How many times must a man look up
  Before he can see the sky?
  
Yes, 'n' how many ears must one man have
  Before he can hear people cry?
  
Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
  That too many people have died?
  
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind. ♪

(どれほど人は生きねばならぬのか
  ほんとに自由になれるために
  
どれほど首をかしげねばならぬのか
  何もみてないというために
  
その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

どれほど人は見上げねばならぬのか
  ほんとの空をみるために
  
どれほど多くの耳を持たねばならぬのか
  他人の叫びを聞けるために

どれほど多くの人が死なねばならぬのか
  死が無益だと知るために

その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない)


(「Blowin' in the wind」~風に吹かれて~
ボブ・ディランより一部抜粋)

答えがわからないことばかり。
知りたいものほど、
答えは風に吹かれてる。





スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2013/02/18 04:17】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |


カプチ
これもいいでっせ。

Bob Dylan. Mr. Tambourine Man.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Though I know that evenin's empire has returned into sand,
Vanished from my hand,
Left me blindly here to stand but still not sleeping.
My weariness amazes me, I'm branded on my feet,
I have no one to meet
And the ancient empty street's too dead for dreaming.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Take me on a trip upon your magic swirlin' ship,
My senses have been stripped, my hands can't feel to grip,
My toes too numb to step, wait only for my boot heels
To be wanderin'.
I'm ready to go anywhere, I'm ready for to fade
Into my own parade, cast your dancing spell my way,
I promise to go under it.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Though you might hear laughin', spinnin', swingin' madly across the sun,
It's not aimed at anyone, it's just escapin' on the run
And but for the sky there are no fences facin'.
And if you hear vague traces of skippin' reels of rhyme
To your tambourine in time, it's just a ragged clown behind,
I wouldn't pay it any mind, it's just a shadow you're
Seein' that he's chasing.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Then take me disappearin' through the smoke rings of my mind,
Down the foggy ruins of time, far past the frozen leaves,
The haunted, frightened trees, out to the windy beach,
Far from the twisted reach of crazy sorrow.
Yes, to dance beneath the diamond sky with one hand waving free,
Silhouetted by the sea, circled by the circus sands,
With all memory and fate driven deep beneath the waves,
Let me forget about today until tomorrow.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  わかったんだよ ぼくは 夕闇の心地よさはぼくに
  縁がないんだって
  それでぼくは立ち尽くしたまま 眠ることもなく
  会う人もなく
  夢にみるような世界も持ってないんだって

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  君のめくるめく船にぼくを乗せておくれよ
  ぼくはすっかり力がなえて 手はつかむことができないし
  つま先はかじかんじまって ブーツが勝手にぼくを運ぶ始末さ
  この際どこへでも行くよ どうでもいいんだ
  だからぼくの行く道を示してくれよ
  そのとおりにいくから

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  もし君が笑い声や金切り声を聞いたとしても
  それにはたいした意味はないんだ とどろいてるだけさ
  太陽にかんかんと照らされながらね
  もし君が調子のよいリズムを聞いたとしても
  それはお調子者がふざけているだけなんだ
  気にすることはないさ つまらないことさ
  ほっといていいよ

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  ぼくはなんだか心が煙の輪のようになって
  たゆたってるように感じるよ 木々の葉っぱの
  あいだをただよいなふがら なぎさのほうへとね
  そこはこの世の馬鹿騒ぎとは無縁だ
  片手を振りながらダンスするのに相応しい場所だ
  海を背景にして 砂に絡まれながら
  思い出も時の運も波にさらわれていく
  明日になるまで今日のことは忘れて

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

全部引用してしまいました。
問題あるかなあ?


Re: カプチさん
ナレイ
コメント、おおきに~

これは知らなかったなあ~
そもそも私、ボブディランて
「風に吹かれて」くらいしか知らないんですよ~

でも
♪眠たくもないし、他に行く所もないんだ♪
に共感☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
これもいいでっせ。

Bob Dylan. Mr. Tambourine Man.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Though I know that evenin's empire has returned into sand,
Vanished from my hand,
Left me blindly here to stand but still not sleeping.
My weariness amazes me, I'm branded on my feet,
I have no one to meet
And the ancient empty street's too dead for dreaming.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Take me on a trip upon your magic swirlin' ship,
My senses have been stripped, my hands can't feel to grip,
My toes too numb to step, wait only for my boot heels
To be wanderin'.
I'm ready to go anywhere, I'm ready for to fade
Into my own parade, cast your dancing spell my way,
I promise to go under it.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Though you might hear laughin', spinnin', swingin' madly across the sun,
It's not aimed at anyone, it's just escapin' on the run
And but for the sky there are no fences facin'.
And if you hear vague traces of skippin' reels of rhyme
To your tambourine in time, it's just a ragged clown behind,
I wouldn't pay it any mind, it's just a shadow you're
Seein' that he's chasing.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

Then take me disappearin' through the smoke rings of my mind,
Down the foggy ruins of time, far past the frozen leaves,
The haunted, frightened trees, out to the windy beach,
Far from the twisted reach of crazy sorrow.
Yes, to dance beneath the diamond sky with one hand waving free,
Silhouetted by the sea, circled by the circus sands,
With all memory and fate driven deep beneath the waves,
Let me forget about today until tomorrow.

Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
I'm not sleepy and there is no place I'm going to.
Hey! Mr. Tambourine Man, play a song for me,
In the jingle jangle morning I'll come followin' you.

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  わかったんだよ ぼくは 夕闇の心地よさはぼくに
  縁がないんだって
  それでぼくは立ち尽くしたまま 眠ることもなく
  会う人もなく
  夢にみるような世界も持ってないんだって

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  君のめくるめく船にぼくを乗せておくれよ
  ぼくはすっかり力がなえて 手はつかむことができないし
  つま先はかじかんじまって ブーツが勝手にぼくを運ぶ始末さ
  この際どこへでも行くよ どうでもいいんだ
  だからぼくの行く道を示してくれよ
  そのとおりにいくから

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  もし君が笑い声や金切り声を聞いたとしても
  それにはたいした意味はないんだ とどろいてるだけさ
  太陽にかんかんと照らされながらね
  もし君が調子のよいリズムを聞いたとしても
  それはお調子者がふざけているだけなんだ
  気にすることはないさ つまらないことさ
  ほっといていいよ

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

  ぼくはなんだか心が煙の輪のようになって
  たゆたってるように感じるよ 木々の葉っぱの
  あいだをただよいなふがら なぎさのほうへとね
  そこはこの世の馬鹿騒ぎとは無縁だ
  片手を振りながらダンスするのに相応しい場所だ
  海を背景にして 砂に絡まれながら
  思い出も時の運も波にさらわれていく
  明日になるまで今日のことは忘れて

  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  ぼくは眠くもないし でかけるあてもない
  ヘイ ミスター・タンバリンマン 歌っておくれよ
  歌のリズムに乗って ついていくから

全部引用してしまいました。
問題あるかなあ?
2013/02/18(Mon) 20:09 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、おおきに~

これは知らなかったなあ~
そもそも私、ボブディランて
「風に吹かれて」くらいしか知らないんですよ~

でも
♪眠たくもないし、他に行く所もないんだ♪
に共感☆
2013/02/18(Mon) 20:27 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック