FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
眠い ただ眠くて

眠りたいと思う。

けれども眠ってしまえば、また明日が来る。

行き場のない一日24時間が始まる。

膝を抱えてうずくまっていれば

すぐにじっとしていられなくなる。

その癖動き始めればまた、

すぐにヘタヘタとその場に座り込みたくなってしまう。


つけっ放しのテレビの画面から零れて来るのは

どのチャンネルも決まって

キラキラと華やいだ人たちの絵空事ばかりで

自分にはおよそ無縁の世界と

顔を背けたくなる。

なのにテレビのスイッチを切る気力さえ、

私にはない。


煙草に火をつける。

煙を思い切り吸い込み、そして吐き出す。

吸っては吐き、吸っては吐き、吸っては吐く・・・・。

この繰り返し作業にも

しまいには嫌気がさして

吸いかけのまま、もみ消してしまう。

なのに、気がつけばまた、

自分は煙草に火をつけている。

小さな灰皿からは

いつの間にか吸殻が はみ出している。


自分の居場所が見つからなくて

自分が何処にいるかもわからなくて

めくらの子供の真似をして

あちこちまさぐってみる。

けれどもその手に触れるのは

綿ぼこりやら、ひからびた飯粒やら、紙くずやら

そんな名もない物たちばかりで

私のことなど 誰も教えてくれそうにない。


放ったらかしておけば この身からは

次第に 汗が脂が滲み出して来る。

腹の中が空っぽになれば 自然空腹感を覚える。

際限もなく髪は伸びる。

ゴミ箱のゴミは、確実に増えて行く。

部屋中に満ち満ちた

生活の匂いと、

欲望の匂いに

目をくらまされて

ますます自分の居場所が見つからなくなる。


水道から

ぽつん、ぽつん、と

滴り落ちる

微かな水音さえ

自分の鼓膜には激しく響き、

そうして自分は膝を抱えたまま

いつものように一日を終え

またやって来るであろう

明日に怯える。

エスニックライト

(1991年4月5日)

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2013/01/14 05:54】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック