FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の病歴は長い。
人生の半分以上は病気だったんじゃないか・・?

その中で、安定してる時期もあったし
紆余曲折あったけど
交通事故以降、とにかく酷くなってしまって
改めて、自分の病気を考えることが多くなった。

人生って、自分の思うように行かない。
予想通りに行かないもんなんだなあ・・・なんて
しみじみと思う。

だからこそ人生なんだけど。

病気の人に限らず
世の中に、悲しみや怒り、
苦しみは溢れてる。

思うように行かないことだらけだから
悲しみも増える。
予想通りに行かないことだらけだから
苦しみも増えるのかなあ・・・と思う。

勿論、だからこそ喜びも楽しみもあるんだろうけど
私にはあまり経験出来なかったことだから。

私はよく母との関係を持ち出すけど
母だって、良かれと思って私を育ててくれた訳だし。
何も娘を病気にしようと思った訳じゃない。

ただ、彼女もきっと
私を産んだ頃、私が幼い頃は
不安で不安でたまらなかったんだろうなあ・・・と思う。

「この子を自分の思う通りの子に育てたい」
と思う余り、それはやっぱり思い通りには行かなくて。

それだけのことだったんだろうけど
娘の私には重たくて。

母も
私も
誰も
自分の思う通りには行かない。

だから、この世の悲しみは増える。
苦しみも増える。

どんな社会になっても
どんなに豊かな時代になっても
悲しみや苦しみは消えない。

そんな、いわば負の感情ばかりを抱えて
人生の半分以上を生きて来た私だけど、
それでも、なんて言うのかなあ・・・・

ずっと闇の中にいて、苦しいばかりだと
どうしても、
社会や他人を見るときに
フィルターがかかっちゃうときがあるんだよね。
自尊感情の無さや、自己不全感、不信感と言う厄介なフィルター・・・。
自分に欠如しているモノを他者で埋めようとする、
自分に欠如しているモノを他者に投影して見ようとする、
とっても厄介なフィルター・・・。
でも、そのままでひとと関わると良い結果を生まない。

闇の中にいても
苦しくても
ときにムカついても、イライラしても、
ひととき他者で埋めてしまって、傷つき傷つけられても、
それでも
出来るだけその厄介なフィルターを外して
社会や他人を、
素直に、真っ直ぐに見られる自分の目 だけは失いたくないなあ
と思う。

難しいけど。

そう、いつも思い直して
深呼吸をしてみたりする。
121227_1330~01



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2013/01/08 04:30】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック