FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
新たに、「考えるより感じること」カテゴリを設けました。

思い出す。
みのるの前の主治医の言葉。

パンドラの箱、開けると痛いぜ。
彼はそう言った。

当時の私は
「病気になっちゃったんだもん、
痛くても開けないわけ、行かないでしょ?」
と安易に言った。

それも、今から思えば
頭でわかっただけで言っていたことだった。

これから先
本当に感じながら、感情を共にしながら、
自分の中に
幾つもある、錆びついた扉を開けて行く作業は
当時の主治医が言っていたように
きっと物凄く痛いと思う。

断わっておくけど、
「精神療法って、
なんか患者の辛い過去をただ思い出させるだけみたいで嫌じゃない?」
とよく聞くけど、それは大きな誤解だ。

セラピストは無理矢理
クライアントの過去を引っ張り出すような真似はしない。
当然、分析なんてしない。
クライアントはいつも、自分の頭に浮かんだことをただ何でも話す
暴力以外なら、怒っても泣いても喚いても良い。
それだけだ。

そこに素朴な疑問を投げかけ、
今と過去の深層がどう繋がっているか、
示唆を与えてくれるのがセラピストであって、
深層の扉を開けるか否かは、あくまでクライアント自身が決めること。
扉を開けるとき、
最も近くにいて助けてくれるのがセラピストであると言うだけ。
解決策を持っているのもクライアント自身でしかない。

私は、私の意志で、どんなに痛くても
ここまで来たんだもの、最後の扉まで開けたい。

パンドラの箱、開けたあと、最後に何が残ったか知ってっか?
とその主治医が私に問うた。
当時の私は
「知ってるよ。でも口にしたくないね、その言葉。嫌いなの」
そう言った。

でも今は、たとえ時間はかかっても
最後の扉を開けて、何者でもない自分が情けなくて
悲しくてぎゃーぎゃーと思い切り泣いたあとに
残るものがあるんじゃないかと信じたい。

セラピスト・ハッチがそばにいてくれれば
自分の手で、最後の扉を開けられる。
どんなに重たくても、錆びついていても、
きっと。


まだ、道は長い。
これから先も、まだまだ緊張したり、
自分を受け入れられず過去の幻想にしがみついたり、
寂しくてたまらない日々が続くだろう。
長い時間を堪えられる自信は、正直、ない。

でもやっとひとつ、最初の重たい「感情の扉」を開けた。
それは、ハッチがいてくれたから。
海中から見た空

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/12/01 03:13】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |

おはようございます
ホヌ
パンドラの箱か・・・

そこは ゴールでなく そこからが本陣スタートなんだろうな。


私もしかり・・・

そんなナレイさんを 出来るかぎり 時間が許す限り 私は影から見つめて 祈りたい。

ナレイさんの「信じたい」が 現実になる日を 一緒に泣いて万歳したい・・・

Re: おはようございます
ナレイ
ホヌさん
コメント、ありがとう。

そうだね・・・
まさにまだまだ
>そこは ゴールでなく そこからが本陣スタートなんだろうな。
と言うカンジだね。

長年感情ブロックして生きて来た私が
ようやく最初の、ほんのちょっとの感情の扉を開けた、くらい?

これから先の扉は、もっともっと自分でも認め難い
痛くて激しい感情の扉が、幾つも控えてるんだと思う。

重たくて、歴史も長いから錆びついててなかなか開かないかも知れない。
でも開けない限り、私の症状は治まらないからね。

幻想に浸ってるほうがある意味楽ではあるけど
現実の自分を受け入れて尚、本当に楽になるためには
どんなに痛くても開けないと。

ありがとう。
私は、扉を開ける度、きっとみっともなく泣き叫ぶでしょうから
その姿を静かに見守っていてね。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
パンドラの箱か・・・

そこは ゴールでなく そこからが本陣スタートなんだろうな。


私もしかり・・・

そんなナレイさんを 出来るかぎり 時間が許す限り 私は影から見つめて 祈りたい。

ナレイさんの「信じたい」が 現実になる日を 一緒に泣いて万歳したい・・・
2012/12/01(Sat) 06:20 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: おはようございます
ホヌさん
コメント、ありがとう。

そうだね・・・
まさにまだまだ
>そこは ゴールでなく そこからが本陣スタートなんだろうな。
と言うカンジだね。

長年感情ブロックして生きて来た私が
ようやく最初の、ほんのちょっとの感情の扉を開けた、くらい?

これから先の扉は、もっともっと自分でも認め難い
痛くて激しい感情の扉が、幾つも控えてるんだと思う。

重たくて、歴史も長いから錆びついててなかなか開かないかも知れない。
でも開けない限り、私の症状は治まらないからね。

幻想に浸ってるほうがある意味楽ではあるけど
現実の自分を受け入れて尚、本当に楽になるためには
どんなに痛くても開けないと。

ありがとう。
私は、扉を開ける度、きっとみっともなく泣き叫ぶでしょうから
その姿を静かに見守っていてね。

2012/12/01(Sat) 08:45 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック