FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
社会不安障害克服、恐怖症克服、
凄まじい数の情報量だねえ・・・・・。

それでいて、自分の診断名すらわからないとか、
自称・社会不安障害 だったり、自称・恐怖症だったり
未だにそんな認知度・・・。
明らかにこれ、「自称」でしかないよなー
病名、違うでしょ・・おそらく・・と思われる人も多い。

素朴に不思議でたまらない。

例えば癌の人は、自分の癌については
医者並みに詳しくなったりするものだよね。
治そうと必死だから。

これもネット普及のデメリットなのか
それともゆとり教育の弊害か
なんて考えてしまう。

私もそうだけど、
ネットで得た情報って、
カンタンに検索出来るし、楽で良いんだけど
その分、受け身だから
本当の知識にはならないんだよね、いっくら調べても。

もう何百回も書いてることだけど、

病気と言うのは
闘病して、病気を克服する
病気に勝つ ことがまあ一般的。
だからそう言う発想になっちゃうんでしょうけど、

社会不安障害とか、強迫性障害、パニック障害等々、
神経症に限って言えば
症状と闘わない、克服しない、あきらめるに限る んだけどね。

勿論、ひと口に社会不安障害とか強迫性障害とかと言っても
個人差もあり、症状もそれぞれ皆違うから一概には言えないけど、
一概に言えないからこそ、
克服することやあきらめない ことを勧めるのはどうかしら・・?
と思うんだよね・・・。

症状を消し去りたい!と思う気持ちは当然だけど、
克服する、と言う姿勢は、その忌まわしい症状に更にこだわる
と言うこと。

元々こだわりが強いから、社会不安障害等の神経症に陥ると言う
メカニズムを、更に強固にしてるとしか私には思えないんだよね。

極論すれば「克服する!」と言うこだわりはまさに「症状」みたいなもの。
改めて症状一個増やしてだけのように見える。

つまり、克服する、とか、あきらめない、と頑なに症状と闘うことは
神経症の思うツボ ってこと。

ひさびさに書くことだけど
ネットと言うのは
いくら検索しても知識が身につくものじゃないからね。
あくまで自分の知識を補完するツールとして、利用するものだから。

昨日も書いたけど
自分の病気のことくらい
少し
勉強したらどうかと思うんだけど?

まあひとのことだから好きにすれば良いけど
苦しいはずなのになんで?
と、素朴に疑問なだけ。

本当に治りたい、
楽になりたいと思うなら
知識は必要だよ。
絶対に。

神経症のメカニズム

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/11/22 03:51】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |


カプチ
今晩は。

もし自分がこういう病気になったとしたら
今の生活を一切捨てて
最高の禅寺に駆け込みますかね。
少しだけバイトしながら
ピチピチ叩かれ毎日座禅に打ち込むのです。
あ、でも「最高の」禅寺を見つけるにしても
禅の事を勉強したりどこの禅寺がいいか調査したり
しなければならないか。
結局受け身じゃダメって事ですね。


Re: カプチさん
ナレイ
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

確かに
禅とか、老荘の思想とかは
私の受けている治療と共通する点が多いです。

セラピスト・ハッチの学派の師匠が
元々仏教家だったこともあるのでしょうか。

彼の言葉を聞いていると
何と言うか・・・
>ピチピチ叩かれ毎日座禅に打ち込むのです
こう言う、修行は勿論しないけど

基本的に理屈じゃない、
極論すると考えることは要らない
感じるだけで良い みたいなことをよく言うので。

それこそ理屈じゃないので上手く言えないけど
ハッチは自分の感じたままを素朴に言葉にするので
私にはいつも、凄く優しく響くんです。

>禅の事を勉強したりどこの禅寺がいいか調査したり
>しなければならないか。
これの治療機関バージョンを若い頃やって来たから
彼のようなナイスなセラピストに出会えたのだと思います。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今晩は。

もし自分がこういう病気になったとしたら
今の生活を一切捨てて
最高の禅寺に駆け込みますかね。
少しだけバイトしながら
ピチピチ叩かれ毎日座禅に打ち込むのです。
あ、でも「最高の」禅寺を見つけるにしても
禅の事を勉強したりどこの禅寺がいいか調査したり
しなければならないか。
結局受け身じゃダメって事ですね。
2012/11/22(Thu) 17:59 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

確かに
禅とか、老荘の思想とかは
私の受けている治療と共通する点が多いです。

セラピスト・ハッチの学派の師匠が
元々仏教家だったこともあるのでしょうか。

彼の言葉を聞いていると
何と言うか・・・
>ピチピチ叩かれ毎日座禅に打ち込むのです
こう言う、修行は勿論しないけど

基本的に理屈じゃない、
極論すると考えることは要らない
感じるだけで良い みたいなことをよく言うので。

それこそ理屈じゃないので上手く言えないけど
ハッチは自分の感じたままを素朴に言葉にするので
私にはいつも、凄く優しく響くんです。

>禅の事を勉強したりどこの禅寺がいいか調査したり
>しなければならないか。
これの治療機関バージョンを若い頃やって来たから
彼のようなナイスなセラピストに出会えたのだと思います。

2012/11/22(Thu) 18:40 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック