FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日、ニュースの特集で
精神科医の抗精神薬や抗うつ剤、
抗不安薬、眠剤の多剤処方を取り上げてた。
ODとかリスカをやって救急搬送される人が増えていると
北里大救命救急センターを撮ってた。
そこのDr.によると、薬の過量服用が却って自殺企図を誘発することもある
と言ってたけど・・・。

で、搬送された患者がインタビューに答えてた。
「頭の中がざわざわして来て、飲むしかないと思っちゃうんですよね。
死にたいとか、そう言うのはよくわからない」
みたいなことを言ってた。

つまり、精神科医が薬物治療に偏り過ぎて、
うつ病の患者に深刻な弊害を呼んでいるとか?
で?厚労省が薬の処方についての新たなガイドラインを発表したとか?

なに・・?これ。
どーーしてもテレビの言うことは素直に受け取らない私・・・・。

確かに多剤大量処方をする精神科医もいるけど
そんな医者ばっかじゃない。
元々、ODだの何だのやる人、子供じゃないんだから、
そんだけ大量に飲む自分が悪いんでしょ?
精神科医や薬に、責任転嫁しないでよーと思いながら見てた。
(私も若い頃はさんざんやりましたよ、ODもリスカも。
あとが大変・・!でも自業自得だと思ってます)

要はこの特集、多剤大量処方する精神科医の問題と、
ODやリスカに走る患者とを混同してる・・ように
私には見受けられました。

ガイドラインってなに?ガイドラインて。
「精神科医ともっと向き合うことですね」なんて
テレビ的にキレイにまとめてくれちゃったけど、
そんなゆっくりとした時間、ないですよー
とりま薬を処方するしかないのが現状なのよね。
で、そんなガイドライン、
どーせ薬の取り締まりをどんどん厳しくするだけでしょ?昔からおんなじ・・
何の対策にもなってない・・!
精神療法を保険適用にする とか
そんなの一切!考えない辺り、さすが厚労省~
バリバリ官僚主義。

そもそも脳をいじくる薬なんだから、ある程度の副作用も致し方ない。
アカシジアのように、どーーにも我慢出来ない副作用以外は
いちいち副作用止めの薬なんか増やすこともないし。
ちなみに私は口渇(こうかつ)が酷くて
毎朝口の中に一滴の唾液もなくなってるけど、仕方ないですもうこれは。

で、なに?未だにそうなのか・・・と呆れるのは
自分の病気に関する知識がないどころか、
自分の診断名すら知らない人がいるわけ・・・・・・?呆れるねー
まあ、「自称・うつ病」とか、「自称・社会不安障害」とか、
話聞いてるとそう言う人も多いしね・・・・。

そうなって来ると、自分に合う治療機関も選べないよね、とーぜん。
自分が思ってる病名と実際の診断名、違うんだから。

だから何十回も言ってるのに・・・。
一冊で良いから心理学系の本を読めば良い。
自分の病気に関する知識を身につけたら?ってね。

トウシツのバリバリ急性期とか、
うつ病の重篤な状態で思考も出来ないとかは別として
神経症圏ならしんどくても思考は出来るはず。

そうすれば自分から、主治医と薬の調整の話も出来るのよ。
メチャクチャな処方をしない精神科医を、自分で選ぶ
これが患者として、当たり前の姿勢。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/11/21 04:09】 | 神経症
トラックバック(0) |


まるまる
ほとんどが滅茶苦茶な処方してる精神科医ばかりだから問題になってるのを認めろ。大量処方しない精神科医を選ぶ?医者と名がついたら根拠のない大量処方を1人としてやってはいけないのが当たり前。「下半身露出してない警察官を選ぶ」とかありえないだろう。

Re: まるまるさん
ナレイ
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

確かに、精神科医と名乗る以上、多剤大量処方などすべきではありません。
しかし、私が申し上げたかったのは
自分の病気のことも知らず、
毎回何かしら訴えては薬を要求する、患者の側の問題です。

リスカやODに走る原因は、多剤大量処方だけではありません。
患者本人の問題であることも多いです。
その辺をテレビの特集は混同している、と言うことを申し上げたかったまでです。

患者も、大人であり、考えることが出来るのですから
何もかも薬や精神科医のせいにするようなニュースの特集が、
私には抵抗を覚えた、と言うことです。

>ほとんどが滅茶苦茶な処方してる精神科医ばかりだから
これは事実誤認だと思いますよ。

私の主治医もそうですが、
患者のことを考えて、きちんとした処方をしている精神科医も沢山います。

>「下半身露出してない警察官を選ぶ」とかありえないだろう。
これは余りに極論ですね。

精神科医と言うのは、本当にピンからキリまでいるのが事実です。

更に付け加えさせて頂くなら、
メディアと言うのは、どんなジャンルでも
ひとつの問題を、あたかもそれが全て のように取り上げ
視聴者を煽るのが常です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ほとんどが滅茶苦茶な処方してる精神科医ばかりだから問題になってるのを認めろ。大量処方しない精神科医を選ぶ?医者と名がついたら根拠のない大量処方を1人としてやってはいけないのが当たり前。「下半身露出してない警察官を選ぶ」とかありえないだろう。
2012/11/23(Fri) 00:24 | URL  | まるまる #-[ 編集]
Re: まるまるさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

確かに、精神科医と名乗る以上、多剤大量処方などすべきではありません。
しかし、私が申し上げたかったのは
自分の病気のことも知らず、
毎回何かしら訴えては薬を要求する、患者の側の問題です。

リスカやODに走る原因は、多剤大量処方だけではありません。
患者本人の問題であることも多いです。
その辺をテレビの特集は混同している、と言うことを申し上げたかったまでです。

患者も、大人であり、考えることが出来るのですから
何もかも薬や精神科医のせいにするようなニュースの特集が、
私には抵抗を覚えた、と言うことです。

>ほとんどが滅茶苦茶な処方してる精神科医ばかりだから
これは事実誤認だと思いますよ。

私の主治医もそうですが、
患者のことを考えて、きちんとした処方をしている精神科医も沢山います。

>「下半身露出してない警察官を選ぶ」とかありえないだろう。
これは余りに極論ですね。

精神科医と言うのは、本当にピンからキリまでいるのが事実です。

更に付け加えさせて頂くなら、
メディアと言うのは、どんなジャンルでも
ひとつの問題を、あたかもそれが全て のように取り上げ
視聴者を煽るのが常です。
2012/11/23(Fri) 06:23 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック