FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
通信制大学在学中、居酒屋バイトの頃書いた日記です。
常にお客さんに助けられてることを実感できた、
貴重な半年間でした。辛かったけどね。

かなりきているらしかった、当時の私、戦場のハコビーナ。

もうマジ軍隊と一緒!私は人間扱いされてないし
混んでるときはクソ店長の怒鳴りもヒートアップ。
私はまるで粗大ゴミ。
しかし、「健康状態ー良好」として働いている以上、
「病気だから」は通用しない。

いつでもどこでもみんなにバカにされ、
ハケグチにされることに限界が来ているようだった。

ある日、初老のご夫婦のお客さんがいた。
そのテーブルに料理を運んで行ったら奥様が
あなた感じ良いわねえ、いつも笑顔で。大事なことよ。
そう言ってくれるお客さんはとても多く、
いつもおおきに、と思っていたのだが、
その日は
ありがとうございます。
私、お客様にそう言って頂けることだけがもう救いで。
お客様にお話するようなことではないんですが、
まだ慣れなくてミスしたりして至らずに、いつも申し訳なくて・・・

とか話しているうち、

なんか日頃の余りのゴミ待遇の中でこんな風に言ってくれるんだ・・
と思ったら、それまで緊張して張り詰めていた糸がふと緩んだのだろう。
相手が年輩のご夫婦 と言うこともあったのかも知れない。
こみ上げてくる感情を抑えきれなくなり、
せきを切ったようにボロボロ涙が零れて来た。
母親が死んでも泣けない私が。

泣きながら
申し訳ありません、お客様の前でこんな涙を・・
とか言いつつも涙は止まらない。

その奥様
わかるのよ、私も昔こういう仕事してたからね、
大変でしょ?でもあなたエラいわぁ。
ほら、今だってこうやって
ちゃんと相手の目を見てお話するでしょ?ねえ

と、ご主人に話しかけ。

するとご主人も
そうだよ。ミスしたって、あなたがやってることはいちばん大事だよ。
と言ってくれ。

奥様
あなた、そんな泣かないでよ。私まで涙出てきちゃったじゃない?
そう言って、一緒に泣いてくれた。

ご主人も、目を潤ませてくれて。

私は泣きながら、涙を拭きながら
ほんとに、ありがとうございます。お客様のそういう言葉に・・・
助けられているから、私は・・働けているんだと思います。
ほんとに、ほんとにありがとうございます。是非またいらして下さい。

そう言った。

奥様は
あなたがお嫁に行くまで来るわ。
そう言ってくれた。

戦場の中で出会った天使。
121016_1057~01

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/11/18 04:25】 | 神経症
トラックバック(0) |


カプチ
おはようございます。

いい話ですね。
その夫婦は何気なく声をかけたのだと思うのですが
そういう何気ない声かけがこの世の中では
一番大切な気がしています。
世の中を変えるとかそんな大きな話よりずっと。
何気ない一言で
救われるときがある。
人間なんて意外とそんなものなんだと思います。


Re: カプチさん
ナレイ
おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

偶然!今さっきカプチさんの所にお邪魔して
コメントして来ました。

ほんとに・・・
当時はお客さんたちの何気ない言葉が
私にはとても温かくてありがたかったものです。
激務だったし、
また私は覚えが悪い・・・辛くてね、
なのにお客さんウケは良かったんですね、とても。

でもあのご夫婦に言葉をかけてもらったときは
なんと言うか・・・
口先だけで「ひとはひとに支えられて生きられる」とか
何百回言われるより
あの奥様の何気ないひと言だけで
そのことを感じられたような気がして、
本当に救われたのを覚えています。

>そういう何気ない声かけがこの世の中では
>一番大切な気がしています。
本当にその通りですね・・・。

はじめまして
nico
はじめまして(*^_^*)
自分も拙い文章ながらSADのブログを書かせて
もらっています。

今はホームセンターでレジのバイトをしているのですが
毎日ミスばかりで接客に挑んだ無謀さを
痛感しています。。。

嫌なお客さんもたまにいますが
優しいお客さんはホントに心の支えですよねe-263



Re: はじめまして
ナレイ
nicoさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

そうですか。レジのバイトを。
大変ですよね、レジ打ちって・・・。
特に私たちのように常に緊張していると
お客さんに、見られてる気がしちゃうんですよね。

実際は、居酒屋の店員や、ホームセンターの店員のことなんて
誰もそんなに意識していないのにね。

>毎日ミスばかりで接客に挑んだ無謀さを
>痛感しています。。。
私も、緊張しっ放しでミスばっかりだったけど
仰るように、優しいお客さんに助けられたと感じられたことは
貴重な体験だったと思っています。

なんでこう言う病気になるか、と言えば
社会不安障害に罹る人って
本来、接客が好き なんだと思いますよ。
全員 とは言いませんけど、そう言う人、多いと思います。

つまり、
ひとと関わるのが好きーカッコつけようとするー緊張するーでもひとと関わるのが好き
ーもっと緊張する
この悪循環が社会不安障害の症状であると。

「無謀」ではなくて、勇気があるなあと私は思いますよ。
かつての自分のことも含めてね。

たとえ続かなくても、続いても、
どんなに緊張していても、仕事と言うのは、やっているうちに
必ず慣れて行くものですから。

影ながら応援しています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

いい話ですね。
その夫婦は何気なく声をかけたのだと思うのですが
そういう何気ない声かけがこの世の中では
一番大切な気がしています。
世の中を変えるとかそんな大きな話よりずっと。
何気ない一言で
救われるときがある。
人間なんて意外とそんなものなんだと思います。
2012/11/18(Sun) 09:30 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

偶然!今さっきカプチさんの所にお邪魔して
コメントして来ました。

ほんとに・・・
当時はお客さんたちの何気ない言葉が
私にはとても温かくてありがたかったものです。
激務だったし、
また私は覚えが悪い・・・辛くてね、
なのにお客さんウケは良かったんですね、とても。

でもあのご夫婦に言葉をかけてもらったときは
なんと言うか・・・
口先だけで「ひとはひとに支えられて生きられる」とか
何百回言われるより
あの奥様の何気ないひと言だけで
そのことを感じられたような気がして、
本当に救われたのを覚えています。

>そういう何気ない声かけがこの世の中では
>一番大切な気がしています。
本当にその通りですね・・・。
2012/11/18(Sun) 09:51 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして(*^_^*)
自分も拙い文章ながらSADのブログを書かせて
もらっています。

今はホームセンターでレジのバイトをしているのですが
毎日ミスばかりで接客に挑んだ無謀さを
痛感しています。。。

嫌なお客さんもたまにいますが
優しいお客さんはホントに心の支えですよねe-263

2012/11/18(Sun) 18:07 | URL  | nico #-[ 編集]
Re: はじめまして
nicoさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

そうですか。レジのバイトを。
大変ですよね、レジ打ちって・・・。
特に私たちのように常に緊張していると
お客さんに、見られてる気がしちゃうんですよね。

実際は、居酒屋の店員や、ホームセンターの店員のことなんて
誰もそんなに意識していないのにね。

>毎日ミスばかりで接客に挑んだ無謀さを
>痛感しています。。。
私も、緊張しっ放しでミスばっかりだったけど
仰るように、優しいお客さんに助けられたと感じられたことは
貴重な体験だったと思っています。

なんでこう言う病気になるか、と言えば
社会不安障害に罹る人って
本来、接客が好き なんだと思いますよ。
全員 とは言いませんけど、そう言う人、多いと思います。

つまり、
ひとと関わるのが好きーカッコつけようとするー緊張するーでもひとと関わるのが好き
ーもっと緊張する
この悪循環が社会不安障害の症状であると。

「無謀」ではなくて、勇気があるなあと私は思いますよ。
かつての自分のことも含めてね。

たとえ続かなくても、続いても、
どんなに緊張していても、仕事と言うのは、やっているうちに
必ず慣れて行くものですから。

影ながら応援しています。
2012/11/18(Sun) 18:39 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック