FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう事故で頭を打ったせいか、この季節のせいか
因果関係なんてわからんけど、
とりま、この数日は体調が↓↑と言うカンジで
怒涛のような精神状態。

まあ~~んず飲んでやたらハイになった挙句、
パニックアタックみたいになったり過呼吸になったりしたかと思えば
死ぬか眠るかしかないような緊張状態が続いて
キツいーーーーッ!!となったり、
その反動からか、眠剤で熟睡出来てああ・・・なんかホッとした~
緊張、少し緩んだ?みたいな昨日だったり。

どーーーしちゃったの?わたしぃ、みたいな。
自分でも、自分の精神変容状態に驚いている。

しかし改めてセラピスト・ハッチは私には必須だわ・・と感じる。

診察だけだと、少々話は聞いてくれるけど、
結局、向精神薬を増やすくらいしか出来ないのよね。

でも、あのときのハッチは、何と言うのか・・・・
私がどんなに苦しいだのキツいだの、
「ハッチは良いよー緊張を感じられるのが良いことだよ、なんて
その場で言ってりゃ良いんだからさ、
私はこの緊張、家に帰ってもずっと・・なんだよ」
と言っても

今、このとき が大事
私に何を言われても、この大事な時を逃さない
みたいな
何とも形容し難い、言葉によらない空気があった。
沈黙の時間があった。

だけど、私はあの50分間で随分楽になった。
これが診察だけだったら、未だに緊張しっ放しだったかも知れない。

そして、「病気じゃない人は楽で羨ましい」と言う私に
健康な人だってしんどいんだよ。
この言葉が印象的だった。
ああ・・そうだったね。つい自分だけが辛いと思ってしまいがちな私を
ハッチは常に優しく、現実へ引き戻してくれる。

今、メール相談とか電話相談とか、いろいろ流行ってるようで
それはそれでメリットもあると思うけど
ハッチは以前、
電話やメールだと、常に言葉で繋がなきゃいけない、
と思っちゃうから、なんか違うんだよ。

みたいなことを言ってた。

実際に会っていれば、ああ言う沈黙の時間も持てる、
それが大事なときもあるのね・・・と実感した。

やっぱり、少々面倒でも、その場に行って相手に会って話す
精神療法って大事なんだなあ・・・
と改めて思うものなり。

って言うか、ハッチと言う人間 がナイスなんだろうね、きっと。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/11/08 04:02】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック