FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
生きたくもないのに、
生きる最低限のことだけをやる毎日を過ごして
本当にやりたいことすら出来ないのなら、

「人間らしい生活」とか
「生存権」とか、

そんな漠然としたことを法で括って
そこから零れ落ちる人に、生きることを強いないで欲しい。

もういっぱいいっぱいなのよ・・・・。

いやべつに強いられてる訳じゃないし、
自分で招いた苦しみだとわかってても、
苦しいと、世の中のせい にしたくなる。

症状は、手が震えることだけじゃないんだよ。
病院に来るのがしんどいんじゃなくて
いつも緊張してるから、しんどいんだよ


セラピスト・ハッチのその言葉が心にずっしりと響いた。

ああ・・・・いつも感じてるこれ、この鉛を背負ったような重たさ
緊張のせいだったのね・・・と。

昨日見舞いに来てくれた友人の例え話。

テレビを夢中で観てるときって、自分でも気づかないうちに
リラックスして横になってても
首だけずっと上がってたりするじゃない?
なんか肩や首が痛いなあと思って、ずっと経ってから初めて
首だけ上がってたことに気づく みたいな?物理的に言うとそんなカンジ。


まさにその内的なものが、私の症状。
常に、首だけ上げ続けて寝てるような
私の心。

疲れる・・・けど、それを感じられるようになっただけでも良いかも。
知性化って本当に厄介な防衛なのね・・・と実感。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/10/27 03:51】 | 交通事故に遭って思うこと
トラックバック(0) |

しんどいですよね・・・
ホヌ
私も 自然に「世間・社会」のせいにしている時あります。


自然に・・・


しんどい時は、冷静な自分は「自分の人生で自分の認知が自分を苦しめてるんだ」っていう罪悪感と、「なんでこんなにもがいてんのに 社会はこんな私を更に苦しめる構造なの?なんで!」って自分が力んで葛藤してます。


これも自然に・・・

リラックスの仕方がわからないから。

寝ていても そんな時は悪夢だし。

目覚めて また それを考えてる。


Re: しんどいですよね・・・
ナレイ
ホヌさん
コメント、ありがとう。

ほんと、しんどいわ・・・
>「なんでこんなにもがいてんのに 社会はこんな私を更に苦しめる構造なの?なんで!」
これ、いっつも思うんよね。

社会のせいにしてる って書いたけど
事実なんじゃ・・・と思うときもある。

生存権 なんて貧乏人にないしさ、
何だっけ・・「全て国民は健康で文化的な最低限の生活を送る権利を有する」???
ないじゃん・・・・
とか思っちゃうし。

ほんとにたまたま友人が「物理的な例え話」として言った
「ずっと首だけ上げて寝てる」みたいな生活・・・。

キツい・・・・・。

自分の認知が自分を苦しめてる それも思うけどね、確かに。

にしても、この世は生き辛いよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
しんどいですよね・・・
私も 自然に「世間・社会」のせいにしている時あります。


自然に・・・


しんどい時は、冷静な自分は「自分の人生で自分の認知が自分を苦しめてるんだ」っていう罪悪感と、「なんでこんなにもがいてんのに 社会はこんな私を更に苦しめる構造なの?なんで!」って自分が力んで葛藤してます。


これも自然に・・・

リラックスの仕方がわからないから。

寝ていても そんな時は悪夢だし。

目覚めて また それを考えてる。
2012/11/02(Fri) 14:10 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: しんどいですよね・・・
ホヌさん
コメント、ありがとう。

ほんと、しんどいわ・・・
>「なんでこんなにもがいてんのに 社会はこんな私を更に苦しめる構造なの?なんで!」
これ、いっつも思うんよね。

社会のせいにしてる って書いたけど
事実なんじゃ・・・と思うときもある。

生存権 なんて貧乏人にないしさ、
何だっけ・・「全て国民は健康で文化的な最低限の生活を送る権利を有する」???
ないじゃん・・・・
とか思っちゃうし。

ほんとにたまたま友人が「物理的な例え話」として言った
「ずっと首だけ上げて寝てる」みたいな生活・・・。

キツい・・・・・。

自分の認知が自分を苦しめてる それも思うけどね、確かに。

にしても、この世は生き辛いよ。
2012/11/02(Fri) 19:25 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック