FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
事故直後、声をかけられた私は、しきりに
「帰らなくちゃ・・帰らなくちゃ・・」と言っていたらしい。

まるで覚えていない。

あの日は葬儀があったし、寝巻き姿のままだし
無意識の中でも帰らなきゃ・と思っていたのだろうね。

搬送先病院の処置室で、裸にされている所からしか覚えていない。

でも、あの何も覚えていない時間を思うと
自爆熱 が、なかなか冷めない。

♪夏が過ぎ 風あざみ
10月と言う、実にちょうど良い時期だったのにね。

抜糸の済んだ後頭部の傷は、既にかさぶたになっている。
無理矢理剥がした。

脳のCT画像は、事故当時のくも膜下の出血がキレイに吸収され
「正常な人の脳!」と、はんこを押したくなるほど、萎縮も何もなく、
見事に大脳が大きく真っ黒く密集していた。

High,Feddie・・・・
Could you pick me up right now?

フレディ、日本人じゃないから、英語じゃなきゃ伝わらないでしょ?
と、拙い英語で話しかけてみる。

クリスマス、年末、正月・・・・
これからまた、私には無縁な、冬のイベントのオンパレード・・・・。

写真の中のフレディは、いつもただ静かに笑ってるだけ。
121018_1058~01

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2012/10/20 05:23】 | 交通事故に遭って思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック