FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
事故後、1週間。
ようやくフツーに歩けるようになり、
身の周りのことも出来るようになった。
「全治1週間」と診断されたけど本当に、
人間の自己治癒力と言うのは凄いものだわ・・なんて
ひと事のように感心しちゃった。

打った所はまだ痛いし、
チャリに乗るのもまだ怖いし、
階段の上り下りも怖いけどね。
車が通るのがやけに怖いと思うのも、ちょっとしたPTSDかしら・・?

で、まだ抜糸が済んでなくて
頭にホチキスが止まったままなので
近所の脳外科に行こうと思ってる。
(このホチキス、ステープラーと言う皮膚縫合用の糸ならしいけど)

私は精神科以外で病院にお世話になることは滅多にない。

大病院のご利用はQQ車搬送のときに限ります~
あとはVIPの方専用だわね、ああ言う病院は。

病院は、自分で選ばないとね。
精神科もその他の科も。

しかし、自分の頭に金属の、ホントにホチキスみたいな糸が触れると
なんか妙~な気分です~
突っ張って痛い~

もう消毒もしてないし、抗生剤も飲んだり飲まなかったり
忘れちゃうのよ~
身体のこととなるとこんなにてきとーになれるのにね。

あんな事故に遭って、1週間で治るなんて
ホントに私の身体は強いと思うけど

でももう自分をあまりかいかぶらないことだね。
無意識下の私は、常に「何をしでかすかわからない」から。

私は特にユング派でも何でもない。
ただかつて河合隼雄氏の本をちょっと読んだことがあるってだけだけど、
何となくわかる気がして。

ひとつひとつの出来事 としては単なる「偶然の一致」なんだけど、
深層を見ると、繋がりのある出来事 として意味を持っているってこと。

無意識のうちに、何らかの欲求が働いて「偶然の出来事」を引き起こすこと。

何かに導かれるように、また大きな事故を引き起こすことのないように。
突然の病気を引き起こすことのないように。

と言っても、こればかりは、無意識なのだから、
気をつける、と言っても、気をつけようがないけどね。

今の自分の精神的苦痛 を思うと、いつまた「自爆」に走るか、
わからない気もする。
その辺は、明日、ようやく会えるセラピスト・ハッチとじっくり話して来よう。

この時期・・・がまたね・・私には嫌いな、嫌な時期で。
これからどんどん寒くなる、と思うだけで、心が鬱々として来るんだよね・・。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/10/15 05:35】 | 交通事故に遭って思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック