FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
よくよく考えてみたら
私は葬儀の経験は多いけど
単なる弔問客 だった経験は少ないかも知れない。

母のときは勿論喪主であり
ほぼ一人で全て仕切って通夜も葬儀も出した。

だけどそれ以外の人のときも
何故か身内の側として
受付に立ったり
一緒に火葬場まで行ったりと
いわば、葬儀を出す側 だったことが多かった。

単なる弔問客 として葬儀に参列する なんて
何年ぶりのことだろう・・・・・。

だから喪服も持ってなくて買った。
いつも身内の側にいて、
なんやかやとバタバタ手伝うことのほうが多くて
単に黒いシャツに黒いパンツとかで済んじゃってたから。

だから改まって 弔問客 となると、久しぶりで緊張するなあ・・・。
まあ、社会不安障害の私が
冠婚葬祭と言うハレの席を最も苦手とするのは
今に始まったことじゃないけどね・・・。

もう絵も見えるしね・・・・・・・・。

お寺の名前を聞いただけで
どれだけの規模の葬儀で
どれだけの人数が集まるか・・・・・。

きっと、うちの母のときなんかとは
比べ物にならないくらい立派な祭壇に、
沢山の花々に埋め尽くされた中、
大きく、美しく撮られた遺影があるのだろうと・・・。

そして、
大勢の人が悲しみに暮れるのだろうと・・・・。
あんなに優しい人だったのに、
あんなに良い人だったのに、
まだ若かったのに、
と言う、圧倒的空気の中、
彼女の裏の顔を知ってる私は、
それだけでも、症状を誘発しそうだ・・・・・。

でも、そうよ私はPSW。
仕事 と割り切って
彼女にさようならをして来よう。

ただそれだけで良い。

さようならサワコさん
最期まで
「優しく素晴らしい人」を通して人生を終わらせた貴女は見事です。

でも、私は自分のときは、
ダメダメなへたれのまま、最低限のことだけはやり遂げて、
人生を終わらせたいと思います。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/10/07 04:46】 | 神経症
トラックバック(0) |


カプチ
今日は。

>最期まで
 「優しく素晴らしい人」を通して人生を終わらせた
 貴女は見事です。
と、書かれていますが
この人すごい使い分けしてたんですよね。
そういう意味で、彼女の主観では決して
楽でも伸び伸びでもなかった人生だと
思うんですよね。
とんでもなくひどい役回りだったでしょうが
彼女にとってナレイさんは思う存分甘えられる人間だったのでしょう。

>ダメダメなへたれのまま
主観的にはそうだとしても
神様はそうは見ていないと思います。
「嫌だ嫌だと言いながらよくこの役を引き受けてくれたね」と。

以上、勝手な想像で書いてしまい
すみませんでした。

Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

いやあ~・・・・やっとコメントが書けます
と言う状態になりました。

>この人すごい使い分けしてたんですよね。
>そういう意味で、彼女の主観では決して
>楽でも伸び伸びでもなかった人生だと
>思うんですよね。
そうなんです。

きっと本人は本人なりに常に傷つき
苦しかったのだろうと思います。

>彼女にとってナレイさんは思う存分甘えられる人間だったのでしょう。
私もそう思います。
あれだけ感情むき出し にして
怒ったり泣いたり
それでも離れていかないのは多分私だけだったでしょうから。
(私は何も言わず、自分の中で距離を取り、
出来るだけ会わない ようにしてるだけでした)

彼女の表の部分しか知らない多くの人は
現に相当な悲しみようです。

私はその人たちには何も言えませんが
今回の交通事故・・・
「行きたくなかったの?私・・」
「素晴らしい人 のまま、終わる所を見たくなかったの?私・・」
と、なんだか複雑な胸中です。

身体中の痛みに変えても、
「私は頭から血を流し、体中に赤タン、青タンを作りながら
彼女のお世話 を引き受けていたのよ」
と、無意識が、叫んでいるように感じられてなりません。

管理人のみ閲覧できます
-


Re: guestさん
ナレイ
そう。交通事故。

7日早朝、右折して来た車に跳ねられたとのこと。

外傷性くも膜下出血による頭部挫創。左肘挫傷。
CT初見異状なし。24時間経過観察入院後、翌8日退院。
全治1週間。

昨日辺りからようやくフツーに歩けるようになったけど
まだ身の回りの最低限のことしか出来ません。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今日は。

>最期まで
 「優しく素晴らしい人」を通して人生を終わらせた
 貴女は見事です。
と、書かれていますが
この人すごい使い分けしてたんですよね。
そういう意味で、彼女の主観では決して
楽でも伸び伸びでもなかった人生だと
思うんですよね。
とんでもなくひどい役回りだったでしょうが
彼女にとってナレイさんは思う存分甘えられる人間だったのでしょう。

>ダメダメなへたれのまま
主観的にはそうだとしても
神様はそうは見ていないと思います。
「嫌だ嫌だと言いながらよくこの役を引き受けてくれたね」と。

以上、勝手な想像で書いてしまい
すみませんでした。
2012/10/07(Sun) 13:19 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

いやあ~・・・・やっとコメントが書けます
と言う状態になりました。

>この人すごい使い分けしてたんですよね。
>そういう意味で、彼女の主観では決して
>楽でも伸び伸びでもなかった人生だと
>思うんですよね。
そうなんです。

きっと本人は本人なりに常に傷つき
苦しかったのだろうと思います。

>彼女にとってナレイさんは思う存分甘えられる人間だったのでしょう。
私もそう思います。
あれだけ感情むき出し にして
怒ったり泣いたり
それでも離れていかないのは多分私だけだったでしょうから。
(私は何も言わず、自分の中で距離を取り、
出来るだけ会わない ようにしてるだけでした)

彼女の表の部分しか知らない多くの人は
現に相当な悲しみようです。

私はその人たちには何も言えませんが
今回の交通事故・・・
「行きたくなかったの?私・・」
「素晴らしい人 のまま、終わる所を見たくなかったの?私・・」
と、なんだか複雑な胸中です。

身体中の痛みに変えても、
「私は頭から血を流し、体中に赤タン、青タンを作りながら
彼女のお世話 を引き受けていたのよ」
と、無意識が、叫んでいるように感じられてなりません。
2012/10/08(Mon) 14:50 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/12(Fri) 12:33 |   |  #[ 編集]
Re: guestさん
そう。交通事故。

7日早朝、右折して来た車に跳ねられたとのこと。

外傷性くも膜下出血による頭部挫創。左肘挫傷。
CT初見異状なし。24時間経過観察入院後、翌8日退院。
全治1週間。

昨日辺りからようやくフツーに歩けるようになったけど
まだ身の回りの最低限のことしか出来ません。

2012/10/12(Fri) 13:31 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック