FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あまり喪服と言うのは、用意しておくものじゃない
と聞いたことがあったので買っておかなきゃ・・と思いながら
買わずにいた。

こんなにすぐに必要になるなんて思わなくて
急いで近所のスーパーへ買いに行った。

その売り場のオバさん曰く
いいえ。喪服と言うのは用意しておくものなんです。
いつ何が起こっても、
失礼のないように準備しておいて良いものなんですよ。

と。

なんか、仏事に関してやけに詳しく、あれこれと教えてくれた。
もう初老といったカンジだろうか。
まるで、三途の川の渡し人 みたいな印象で・・・。

三途の川の渡し人 のわりに、やたら高いほうを売りつけたがってたけど、
安いほうを買った。

いつもギャルみたいな格好しているので服のサイズもわからない私に
お客様、9号か11号ですけど、
バストがおありになるから11号ですね
 
「バスト」と言う言葉は、

三途の川の渡し人 にはおよそ似つかわしくなく、
男性に言われるほうがむしろ抵抗がないくらいだった。

最後に
「ホントに急だったんで・・」
と言ったら

でもこの連休はお天気が良いみたいで良かったですね。
と、そのオバさんが初めて、にっ と笑った。

本当に、三途の川から来た、みたいな不気味な笑顔だった。

ついでに買っておかなきゃいけない、食べ物や日用品を買いながら
ふと思った。

死んじゃったらもう、何も買わなくて良いし、
何も食べなくて良いんだなあ・・・・と。
何も必要ないんだなあ・・・と。
羨ましい。

葬式 と言うのは
死んだ人のためのものじゃない。

残された人が、
新たに、その人のいない世界で生きることを受け入れるための
自我の組み換えの儀式だ
生きる人のための儀式なんだ

と言うようなことを、昔
確か、岸田秀(きしだしゅう)氏が映画「お葬式」のパンフに書いていた。

葬儀には何度出てるかわからないけど
その度にいつも、岸田秀のあの文章を思い出す。

本当に、残された我々のための儀式だなあ・・・と
いつも思う。

明日のその儀式
私は本当は参列したくない。

だって岸田秀流に言えば
私はもう、彼女が生きてる頃から
彼女のいない世界 を受け入れて生きていたのだから。

「お世話になったから」と言う理由だけで参列するのは
形式だけになってしまいそうで
気が重い・・・・。

でも、彼女の訃報を聞いて以来、私の精神状態は、明らかにおかしい。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/10/06 02:08】 | いのちの桜
トラックバック(0) |

こんばんは
ホヌ
ナレイさんが選び、大変な中学び、辿りついている「今のお仕事」に、またひとつ 未体験の心情を体得される時なのかな・・・と思ったりしました。

ナレイさんのお仕事は、決してナレイさんのシナリオ通りには行かない大変な御役目。


また その御役目の為(体験に勝るもの無し!)に 書籍にも授業にもなかった これからの肥やしとでもいいましょうか・・・

だって、体得なんて そうそう簡単に 一喜一憂もせずに得られるものではないから。

今回 亡くなられた方の件は 全てナレイさんの「お仕事の場数」に入るものじゃないかと 少し客観的に 少し割りきって考えてみました・・・



Re: こんばんは
ナレイ
ホヌさん、こんばんは
と言うか、おはようございます、の時間?かな・・

コメント、ありがとう。

>今回 亡くなられた方の件は 全てナレイさんの「お仕事の場数」に入るものじゃないか
そっか。
そう考えると確かにそうかも知れませんね。

私の仕事で関わるクライアントの中には、勿論出来る限り避けたいけれど
亡くなる方も出て来るかも知れない。

そのときの胸中は、私自身にはまだわからないものね・・・。
本当に教科書通りには行かないこと。

ただね、最初からクライアントだ、と思って関わるのと
今回のように個人的な関係とでは
同じことが起こったとしても、それを受け止める私の気持ちは
やはり違うと思います。

もし、最初からクライアントだったら
同じ未体験のことと言っても
何と言うか・・・複雑なら複雑なりにも
こんなに乱れることはなかったように思えます。

クライアント相手なら、最初から、一定の距離を崩しませんから。

でも、そうね・・
今回のことは、私も少し割り切って受け止めてみようと思います。

そう。これでも私は、PSWでした。
そのことを思い出させてくれて、ありがとう。


ひかりこころ
こんばんは。訪問させていただきました。ポチッと応援クリックしました。

Re: ひかりこころさん
ナレイ
はじめまして。
訪問、ありがとうございます。

応援クリック、励みになります。
ありがとうございます。

またお気が向きましたら
気楽にお立ち寄り下さいね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
ナレイさんが選び、大変な中学び、辿りついている「今のお仕事」に、またひとつ 未体験の心情を体得される時なのかな・・・と思ったりしました。

ナレイさんのお仕事は、決してナレイさんのシナリオ通りには行かない大変な御役目。


また その御役目の為(体験に勝るもの無し!)に 書籍にも授業にもなかった これからの肥やしとでもいいましょうか・・・

だって、体得なんて そうそう簡単に 一喜一憂もせずに得られるものではないから。

今回 亡くなられた方の件は 全てナレイさんの「お仕事の場数」に入るものじゃないかと 少し客観的に 少し割りきって考えてみました・・・

2012/10/06(Sat) 02:34 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: こんばんは
ホヌさん、こんばんは
と言うか、おはようございます、の時間?かな・・

コメント、ありがとう。

>今回 亡くなられた方の件は 全てナレイさんの「お仕事の場数」に入るものじゃないか
そっか。
そう考えると確かにそうかも知れませんね。

私の仕事で関わるクライアントの中には、勿論出来る限り避けたいけれど
亡くなる方も出て来るかも知れない。

そのときの胸中は、私自身にはまだわからないものね・・・。
本当に教科書通りには行かないこと。

ただね、最初からクライアントだ、と思って関わるのと
今回のように個人的な関係とでは
同じことが起こったとしても、それを受け止める私の気持ちは
やはり違うと思います。

もし、最初からクライアントだったら
同じ未体験のことと言っても
何と言うか・・・複雑なら複雑なりにも
こんなに乱れることはなかったように思えます。

クライアント相手なら、最初から、一定の距離を崩しませんから。

でも、そうね・・
今回のことは、私も少し割り切って受け止めてみようと思います。

そう。これでも私は、PSWでした。
そのことを思い出させてくれて、ありがとう。
2012/10/06(Sat) 03:34 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
こんばんは。訪問させていただきました。ポチッと応援クリックしました。
2012/10/06(Sat) 21:21 | URL  | ひかりこころ #-[ 編集]
Re: ひかりこころさん
はじめまして。
訪問、ありがとうございます。

応援クリック、励みになります。
ありがとうございます。

またお気が向きましたら
気楽にお立ち寄り下さいね。
2012/10/06(Sat) 21:50 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック