FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ちょっと生臭い話になるけど
重要なのは各治療の料金だったわね。

自律訓練法にしても、
心理療法にしても、

原則 保険適用外 と
考えておいた方がいいかもね。
つまり自費。

ただ、今現在は心理療法は
あまりメジャーではなく
薬物治療がメインだそうな。

良い新薬もどんどん出て来てるしね。

神経症治療に薬物だけ ってのは
どうなのかな・・と
私個人は思うけれどね。

ちなみに私が続けてる
精神分析的精神療法で言えば

都内の相場は、1セッション=50分で
10000円~15000円
ってところでしょうね。

それだけ聞くと「たかっ!」と思うけど

治療者にとってみれば一日に
何人も診れないし、
持てる人数も限られてるし、

何より50分、クライアント(患者)の話を
集中して傾聴(けいちょう)
親身になって聴き、共感し、
更にその話の内容を
聞きながら書き、(今はパソコンを打ち)
更にクライアントが自分の問題に気づくように
言葉を投げかける。

決していきなり
「あなたの問題はこれです!」なんて
指摘したり、
「いい加減前向きに頑張りなさい!」なんて
指示的なことも一切言わない。

クライアント自身が気づくまで
何年かかっても見守る。

そんなんじゃいつまで経っても
社会不安障害の症状を克服出来ない?
そうかもね。

そう思う人は、そんな過去を一切見ない
セルフコントロールを習得する、
認知行動療法もあるしね。

だけど、
完治するにせよしないにせよ、
その人なりの
変化や成長があるのは確かなこと。


これは私の大好きな、
故・河合隼雄氏の言葉だけれど
「人間、何の挫折もなしで変わることは
先ず出来ない。
楽な方向へ流れる生き物だから」

この言葉を思い出すと、
1万円が安いか高いかは、
受ける人次第 ってことじゃない?

あ、これはあくまで私個人の意見。

で、各治療法ね、今一度。

自己催眠療法ー自律訓練法
心理療法ー認知行動療法、森田療法
精神分析的精神療法、
来談者中心療法、分析心理学(ユング心理学)。

余談だけど、故・河合隼雄氏はユング心理学の
第一人者でした。わらじ みたいな顔なのに
いい人だったわよ~~

私には 学派 なんかどーーーでもええのよー
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/05/26 05:47】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック