FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
その人の性格に起因する生き方のスタイルの問題であるとすれば、
100人いれば100通りの問題があるとも言え、
正常と異常を明確に区別できるものではなく、
どこまでを「障害」と表現するのかという問題がある。
よって「その人がその人であること」による苦痛が、
本人にとってあまりにも大きく、生きづらさを感じており、
人生を不幸な方向に導いてしまっている状態


ああ・・またハマっちゃった・・
心理学系の本は昔さんざん読んだのに改めて
うん、わかるわー
まさにグレーゾーンにいる私は
「異常」とは見なされない。
「障害者」とも呼べないだろう。

今どきは、何を以って正常か異常か、
なんて判別は到底出来ないけど
例えば私が犯罪者になれば
私は完全責任能力あり・で、心神耗弱も心神喪失も認められないだろう。
だけど私は、「私であること」によって 苦痛 を感じてる。
ここら辺はもう、セラピスト・ハッチのような専門家にしか理解されない。
だから厄介なのよね・・・・・・。

「私が私であること」による苦痛・・・・・。
生きづらさ・・・・。
人生を不幸な方向に導いてしまっている状態・・・・・。

これをずっと引きずって生きて来た。
20代の発病したばかりのあの頃、
何冊かの本を読んで、
「単なる神経症じゃない・・・こりゃあ、一生モンだわ・・・」
と、既にわかった。
「ならせめて少しでも楽に、生きやすくなりたい」と
必死で自分に合う治療機関を探したね。

じゃあ 別人 になれば良かったとか、
生れて来なければ良かったとか、
その類のことは若い頃さんざん悩んで来たんで
言っても仕方ない。
私は、私 として生れて来たことは事実なんだから。

ハッチの前のセラピストは、毎週毎週、凄く真摯に向き合ってくれて
ようやくこのまま行けば生きやすくなれるかも・・
私が私であっても良いかも・・
って所まで行ったのにね・・・

人生は何があるか本当にわからなくて・・・・
またどん底からやり直し・・・・・。
それも「人生を不幸な方向に導いてしまっている」私の問題なの・・?
あんなことまで「私の問題」と言われちゃ、余りに酷・・だよね・・。

自分を知れば知るほど
先が見えない霧の中にいるみたいになって行く・・・・。
kumori-umi.jpg

それもきっと、まだ わかっている だけで、
感じてない から なんでしょうね。ハッチ流に言えば。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/08/27 05:26】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック