FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
こないだ書き足りなかったことを少し。

今は良い新薬がどんどん出て来てるので
精神医学界では、薬物療法が主流みたいです。
まあ脳機能学だけはどんどん進歩するので
必然的にそうなるんでしょうけども。

統合失調症には、ジプレキサとリスパダールと言う抗精神薬、
これが非常に良く効く新薬として出始めてから
統合失調症研究に熱心に取り組む
若いDr.が出て来たと言う印象を受けます。
(あくまで私個人の印象ね)
ジプレキサは、9割り方太る副作用があるので
これが課題みたいですね。

でも、神経症に薬はあんま意味ない。
抗不安薬(レキソタンとかソラナックスとか)はあるけども、
社会不安障害に関して言えば、抗不安薬は効きにくい、と言われてます。

となると、今はもうブームは去った、と言っても
やっぱ精神療法しかないんだよねー
私は今、症状を抑えるための薬は一切飲んでないけどね、
飲んでも意味ないから~。
ただ不眠があるので、
眠剤と、その効果を高めるための抗鬱剤を
処方してもらってるだけです。
たまに、リスパダールを使うこともあるけど、
やっぱ、あんま意味ないです。

で、その精神療法の中で今の主流は
もっぱら認知行動療法認知行動療法~
やたら出て来るねー
これ、昔っからあったんだけどねーべつに。
最近になって治療的効果が認められて、
一部で保険適用になったために
改めて見直されるようになっただけなんだけどね~

も!精神分析はボロクソに言われてますね~
てか、ボロクソに言われるほど流行っちゃいないんだけど?もう。

あーあとよくあるチェックシート?
ああいうのは全く!アテになりません。

鬱病のチェックシートなんかやってみたら
私は全部にチェックが入るので「鬱病」ってことになるけど
実際は、鬱病ではないですから~
てかチェックシートなんかで病名がわかるくらいなら
精神科医は苦労しませんよ。

私はどんなにバッシングを受けても
あくまで精神分析的精神療法を受け続けます~
あ、今のセラピスト・ハッチはフロイト左派だったっけ?
じゃ精神分析ではないか。
学派どーーでもいいもんで忘れちゃうんよー

言いたい人には言わせておけばええ~

ただ
今でこそ、葛藤 だの、過去のトラウマ だのと
当たり前のように言っとるけれども!
フロイトがいなければ!そんな言葉も生まれなかった!
そのことを肝に銘じておくんだなっ!

(オカザイル式ダイエット企画でしごかれてたときの
ライジング岡村サンふうに・笑)

リアル名医
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/08/18 05:28】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック