FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私には
親も
兄妹も
夫もいない。
ふるさとも
ない。

生まれ育った場所には
もう誰もいないので

ふるさと、を
感じさせてくれる、想い出のかけらもない。

ただいつも
心に浮かぶのは

地平線の見える
空と大地だけの
荒涼とした風景

水平線の見える
空の青と、海の青だけの風景。

いつも
私の原風景のように
心から離れずに

眼を閉じると
見えて来る。

闇でしかない現実の中で
私の心に
いつも広がる風景。

帰りたい。
あの風景に
もう帰りたい。

私の原風景


あと幾つの夜を堪えれば、
あの風景に帰れるの?

♪何かを大切にしていたいけど
体でもないし心でもない
きらめくような思い出でもない
ましてや我が身の明日でもない
浮き雲 ぽっかり 浮き雲 ひとりきり♪


「青空、ひとりきり」より一部抜粋
作詞、作曲:井上陽水
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/08/14 04:50】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: guestさん
ナレイ

コメント、ありがとうございます。

私に 歌うふるさとがあるとすれば

陽水の歌でしょうか。

♪青空 あの日の 青空 ひとりきり♪ 「青空、ひとりきり」

♪眠れぬ男は ぼんやり見てる 
明日と呼べない 自分の朝を
煙草の煙は 線を描いて 
あなたは息づく ことがないのか♪ 「自己嫌悪」

♪爪が伸びている 親指が特に
伸ばしたい気もする どこまでも長く 「たいくつ」

初期の陽水の歌詞は、いつも
私の心を象徴してくれているようだから。


Re: 追伸
ナレイ
こんな比喩よりも、
guesutさんには理屈のほうがわかりやすいのでしょう。

私の病理は

「生きることそのもの」、
つまりパーソナリティが苦しみや辛さの中心であるとしか表現できないような状態

と定義づけられています。昔から。


カプチ
今日は。

>あと幾つの夜を堪えれば、
  あの風景に帰れるの?
次の曲思い出しました。
Blowin' In The Wind : Bob Dylan

  How many roads must a man walk down
  Before you call him a man?
  Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
  Before she sleeps in the sand?
  Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
  Before they're forever banned?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many years can a mountain exist
  Before it's washed to the sea?
  Yes, 'n' how many years can some people exist
  Before they're allowed to be free?
  Yes, 'n' how many times can a man turn his head,
  Pretending he just doesn't see?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many times must a man look up
  Before he can see the sky?
  Yes, 'n' how many ears must one man have
  Before he can hear people cry?
  Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
  That too many people have died?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.


Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

わ・・・懐かしい・・!
「風に吹かれて」だ・・・と思わず口ずさんでしまいました。

カプチさんは男性だから見てらっしゃらないかも知れないけど

当時「金妻」が凄く流行って(話を落としてごめんなさい)
まだ若かった当時のいしだあゆみや小川知子が
「大人の恋愛」を演じており、
まだ若い女の子だった私たちは、あのドラマに憧れたもんです。

そのテーマ曲でこの「風に吹かれて」が流れていて・・・。

何となくニュアンスだけで「答えは風に吹かれている」
と漠然としかわからぬままずっと歌っていたのですが
訳をちゃんと見てみると
とても深い歌詞だったんですね・・・。

「どれほど多くの耳を持たねばならぬのか
  他人の叫びを聞けるために
 
どれほど多くの人が死なねばならぬのか
  死が無益だと知るために

その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない」

>どれほど多くの人が死なねばならぬのか
>死が無益だと知るために
これなんか、本当に
That’s true!ですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/14(Tue) 06:24 |   |  #[ 編集]
Re: guestさん

コメント、ありがとうございます。

私に 歌うふるさとがあるとすれば

陽水の歌でしょうか。

♪青空 あの日の 青空 ひとりきり♪ 「青空、ひとりきり」

♪眠れぬ男は ぼんやり見てる 
明日と呼べない 自分の朝を
煙草の煙は 線を描いて 
あなたは息づく ことがないのか♪ 「自己嫌悪」

♪爪が伸びている 親指が特に
伸ばしたい気もする どこまでも長く 「たいくつ」

初期の陽水の歌詞は、いつも
私の心を象徴してくれているようだから。
2012/08/14(Tue) 06:46 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
こんな比喩よりも、
guesutさんには理屈のほうがわかりやすいのでしょう。

私の病理は

「生きることそのもの」、
つまりパーソナリティが苦しみや辛さの中心であるとしか表現できないような状態

と定義づけられています。昔から。
2012/08/14(Tue) 09:20 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
今日は。

>あと幾つの夜を堪えれば、
  あの風景に帰れるの?
次の曲思い出しました。
Blowin' In The Wind : Bob Dylan

  How many roads must a man walk down
  Before you call him a man?
  Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
  Before she sleeps in the sand?
  Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
  Before they're forever banned?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many years can a mountain exist
  Before it's washed to the sea?
  Yes, 'n' how many years can some people exist
  Before they're allowed to be free?
  Yes, 'n' how many times can a man turn his head,
  Pretending he just doesn't see?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many times must a man look up
  Before he can see the sky?
  Yes, 'n' how many ears must one man have
  Before he can hear people cry?
  Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
  That too many people have died?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.
2012/08/14(Tue) 12:33 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

わ・・・懐かしい・・!
「風に吹かれて」だ・・・と思わず口ずさんでしまいました。

カプチさんは男性だから見てらっしゃらないかも知れないけど

当時「金妻」が凄く流行って(話を落としてごめんなさい)
まだ若かった当時のいしだあゆみや小川知子が
「大人の恋愛」を演じており、
まだ若い女の子だった私たちは、あのドラマに憧れたもんです。

そのテーマ曲でこの「風に吹かれて」が流れていて・・・。

何となくニュアンスだけで「答えは風に吹かれている」
と漠然としかわからぬままずっと歌っていたのですが
訳をちゃんと見てみると
とても深い歌詞だったんですね・・・。

「どれほど多くの耳を持たねばならぬのか
  他人の叫びを聞けるために
 
どれほど多くの人が死なねばならぬのか
  死が無益だと知るために

その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない」

>どれほど多くの人が死なねばならぬのか
>死が無益だと知るために
これなんか、本当に
That’s true!ですね。
2012/08/14(Tue) 16:07 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック