FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
内沼先生は、昔、雑誌の論文の中で、
対人恐怖(社会不安障害)患者の特徴を
「強気と弱気の二面性」「強力性と無力性」の二面性
つまり相反する性格傾向を合わせ持つ、と述べていた。

自分がそう言う面を持ってるからかな。とても共感したもんだった。

例えば赤面恐怖の場合、
赤面する場面で何とか赤面しまい!と
抵抗すればするほど赤面は酷くなり、
「無力で弱気な」自分に耐えられず、更に「強気で」抵抗する。
予期不安とこの悪循環によって症状はどんどん悪化して行く、と。

当時の森田正馬(もりたまさたけ)が提唱した「恐怖突入」の概念は、
弱気で無力な自分のまま、赤面した自分のままでその場に臨む
あるがまま と言う理論であり、この言葉は余りに有名である。

内沼先生曰く、
森田の治療法は、弱気で無力な自分、
恐怖に自ら取り込まれていこうとする、
「逆説的志向」にこそ効果があるのだ、と。
わたし流に解釈すると
これは 無私 の感覚に近いものがあると思う。
社会不安障害になる人と言うのは自分の我に囚われている
と言い換えても良い。
なのでこの我を出来るだけ捨てることはやはり効果的だろうと思う。
カンタンに言えば、症状を持ったまま
社会に慣れるしかないってことなんだけどね。

なおついでに述べておくと、
森田のこの治療法には、
滅びへの志向という悲劇性を含みながらも、
一方また恐怖をみずから演じ恐怖をみずから笑うという
喜劇性とユーモアの精神で貫かれているのが認められる。

昭和53年発行「現代のエスプリ」No.127「対人恐怖」
編集・解説:小川捷之(おがわかつゆき)
「恥・罪・善悪の彼岸ー精神病理学的考察」
内沼幸雄(うちぬまゆきお)より一部抜粋

私はべつに森田なんか支持してないし、
学派もどーでも良いんだけど、

私がさんざんリンクに貼ってること、
社会不安障害の症状は闘って克服するんじゃなく、あきらめること、
病気なんか笑い飛ばしちゃえってこと、

こんな昔から論文になってんのに、
どーしても即効性を求めるから、どんどん症状の思うツボ
にハマってるんだよねー
即効性ばかり求めて、さまよってるように見える。
情報だけはいくらでもあるから余計にそうなるんだろうけど。
主治医にもよるし、症状も様々だから一概には言えないけど
単に通院して薬を処方してもらってるだけじゃ治らないよ。
自分の病気は、先ず自分で知っておかないとね。


「滅びへの志向」「喜劇性」これ、社会不安障害の人にとって
重要だと思うわー凄く~♪
毎日が宮中晩餐会前夜気分?まいどご苦労さま~
みたいな?

余談だけど、私が初めて治療を受けたのは
上智大学臨床心理学研究室で、当時ここに小川先生が
「いるんじゃーーーーん!」と
喜んでたミーハーだった私~♪
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/08/03 03:32】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |


カプチ
今日は。

私も「滅びへの志向」「喜劇性」気に入りました。
これ、病気の人だけでなく
一般の人
さらには社会そのものに対しても
適用できるんじゃないかなと思いました。

もういっぱいいっぱいですよ。
今の社会は。




Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

この雑誌は当時から好きで、
ボロボロになるまで読んだもんです。
でももう20年前の話。
そんなに細かく覚えてなくて
何気に読み返してたら
内沼先生のこの文章が目に止まった、と言う訳です。

内沼先生が森田の治療法を解説してる文章ですが

私も
>「滅びへの志向」「喜劇性」気に入りました。
同感でした。

ほんと、一般の人や社会にも十分適用出来ますね。
> もういっぱいいっぱいですよ。
> 今の社会は。
私も同じ思いがして仕方ないのですが、
これ以上どこへ向かおうと言うんでしょうね・・・

それで思い出したのですが、
私、内沼先生のすんごいハードカバーの
当時五千円以上もする
「対人恐怖の人間学 恥・罪・善悪の彼岸」と言う本、
持ってて読んでない・・!んです。

もうちょっと気分が↑になったら読んでみようと思います。



お久しぶりです!2
ホヌ
今回は、コメント溜めかよって?(笑)

ちょっと自分で精一杯で なかなかコメント出来ずだった結果・・・(爆笑)


>症状は闘って克服するんじゃなく、あきらめること、
病気なんか笑い飛ばしちゃえってこと、
こんな昔から論文になってんのに、
どーしても即効性を求めるから、どんどん症状の思うツボ
にハマってるんだよねー
即効性ばかり求めて、さまよってるように見える。
情報だけはいくらでもあるから余計にそうなるんだろうけど。
主治医にもよるし、症状も様々だから一概には言えないけど
単に通院して薬を処方してもらってるだけじゃ治らないよ。
自分の病気は、先ず自分で知っておかないとね。


!!まさに その通りと拍手喝采!

私は社会不安障害ではない症状だけど、これは 本当に1番早い治療法だと痛感してきました。

負のスパイラルが1番恐ろしいんですよ。(ToT)

周囲にいる仲間で 言わなくてもだいたい分かりあえる「変態仲間」と話したり相手だと 笑う笑う!(笑)

その発散が1番解放されて 気分も向上します。

本気でダメな時は 本気で自ら 独りを選び葛藤して苦しむから・・・

そんな日を減らすには ホント腹から笑う時間が1番の薬ですよ!


Re: お久しぶりです!2
ナレイ
ホヌさーん
コメント、ありがとうー♪

> 今回は、コメント溜めかよって?(笑)
わははははははーーー
私、只今返信溜めちう~

ちょっとゆえあって、
敢えて社会不安障害ネタばっか書いてたの。
こういうこと、知って欲しいなあ、と思ってね。

まあ私もまだまだ治療ちう~なんで
全然エラそうなこと言える立場じゃないんだけど、

単なる神経症レベルの人なら、半年、1年で治る人もいてるのに
しっかりとした知識がないがために長引かせてしまっているなら
凄く勿体ないなあーと思って。

私も症状はいまだに健在だけど
もう自分でもウケる!
だっれも見てねえし!とわかっておるのに
気分は 宮中晩餐会 なもんで~~~@@

また、変態な友人も
「大変じゃーん。会議なだけなのに。
じゃ美容院に行って髪もセットに行かなきゃね」
なんて返信してくれるので楽しいわー♪





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今日は。

私も「滅びへの志向」「喜劇性」気に入りました。
これ、病気の人だけでなく
一般の人
さらには社会そのものに対しても
適用できるんじゃないかなと思いました。

もういっぱいいっぱいですよ。
今の社会は。


2012/08/03(Fri) 12:09 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

この雑誌は当時から好きで、
ボロボロになるまで読んだもんです。
でももう20年前の話。
そんなに細かく覚えてなくて
何気に読み返してたら
内沼先生のこの文章が目に止まった、と言う訳です。

内沼先生が森田の治療法を解説してる文章ですが

私も
>「滅びへの志向」「喜劇性」気に入りました。
同感でした。

ほんと、一般の人や社会にも十分適用出来ますね。
> もういっぱいいっぱいですよ。
> 今の社会は。
私も同じ思いがして仕方ないのですが、
これ以上どこへ向かおうと言うんでしょうね・・・

それで思い出したのですが、
私、内沼先生のすんごいハードカバーの
当時五千円以上もする
「対人恐怖の人間学 恥・罪・善悪の彼岸」と言う本、
持ってて読んでない・・!んです。

もうちょっと気分が↑になったら読んでみようと思います。

2012/08/03(Fri) 16:21 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
お久しぶりです!2
今回は、コメント溜めかよって?(笑)

ちょっと自分で精一杯で なかなかコメント出来ずだった結果・・・(爆笑)


>症状は闘って克服するんじゃなく、あきらめること、
病気なんか笑い飛ばしちゃえってこと、
こんな昔から論文になってんのに、
どーしても即効性を求めるから、どんどん症状の思うツボ
にハマってるんだよねー
即効性ばかり求めて、さまよってるように見える。
情報だけはいくらでもあるから余計にそうなるんだろうけど。
主治医にもよるし、症状も様々だから一概には言えないけど
単に通院して薬を処方してもらってるだけじゃ治らないよ。
自分の病気は、先ず自分で知っておかないとね。


!!まさに その通りと拍手喝采!

私は社会不安障害ではない症状だけど、これは 本当に1番早い治療法だと痛感してきました。

負のスパイラルが1番恐ろしいんですよ。(ToT)

周囲にいる仲間で 言わなくてもだいたい分かりあえる「変態仲間」と話したり相手だと 笑う笑う!(笑)

その発散が1番解放されて 気分も向上します。

本気でダメな時は 本気で自ら 独りを選び葛藤して苦しむから・・・

そんな日を減らすには ホント腹から笑う時間が1番の薬ですよ!
2012/08/04(Sat) 21:05 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: お久しぶりです!2
ホヌさーん
コメント、ありがとうー♪

> 今回は、コメント溜めかよって?(笑)
わははははははーーー
私、只今返信溜めちう~

ちょっとゆえあって、
敢えて社会不安障害ネタばっか書いてたの。
こういうこと、知って欲しいなあ、と思ってね。

まあ私もまだまだ治療ちう~なんで
全然エラそうなこと言える立場じゃないんだけど、

単なる神経症レベルの人なら、半年、1年で治る人もいてるのに
しっかりとした知識がないがために長引かせてしまっているなら
凄く勿体ないなあーと思って。

私も症状はいまだに健在だけど
もう自分でもウケる!
だっれも見てねえし!とわかっておるのに
気分は 宮中晩餐会 なもんで~~~@@

また、変態な友人も
「大変じゃーん。会議なだけなのに。
じゃ美容院に行って髪もセットに行かなきゃね」
なんて返信してくれるので楽しいわー♪



2012/08/05(Sun) 11:56 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック