FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
身体と言うのは、
筋トレをしたり、ウォーキングをしたり、
あらゆるトレーニングをすることで元の自分の体型を
ある程度短期間のうちに変えることが出来る。

でも心は、そんなふうには変えられない。
不安なものは、周りにどう言われても不安だし
怖いものは、どう言われても怖い。

そんな自分に負けない!と思うことは
むしろ社会不安障害のツボにどんどんハマっているだけ。
気に病む自分を、更に「気に病む」ことで
改めて神経症状態を作ってるだけ。
20年経って変わらない神経症者の現状がそれを物語ってる。

心は無理には変えられない。
不安を消す なんて出来ない。

だから、
不安で不安でたまらない自分に身を任せれば良い。

そんな時間の中で、きっと
何故自分がこんなに不安だったのか、
自分は本当は何を恐れていたのか、
恐れていたのは本当に 症状 だったのか、

他者との関わりの中で、気づくときが来る。


そうすれば楽になる。

ゆっくりと 自然な思いから
自分の変化を感じるときを
待てば良い。

心は無理に変えられるものじゃない。
助けてもらうことは出来ても
心はひとに操作されるものじゃない。
心ゆくまで気に病めば良い。

堪えられないときは、信頼出来る誰かに、
沢山弱音を吐けば良い。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/07/28 05:46】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック