FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
花のいのちは短いけれど
大地に張った根の力は強いんだね。

広島の原爆投下後も
「何十年も草木は生えない」と
言われていながら、

花はしっかりと咲いた。

亡き母が直撃を受けた、
昭和20年3月10日の東京大空襲
その後の何もなくなった
ガレキの山の
本所区(現・墨田区)にも

花はしっかりと咲いた。

そして今回の大震災の後も
ガレキの山に

花はやっぱり
しっかりと咲いてくれた。

私たちは
その花や草木たちの出す
酸素を吸って
生きている。

この季節と空だけは

誰の前でも平等にあるよ。

いつの時代も

愚かな私たちが何をしていても

この空は

変わらずに広がっている。

大地に張った根は

変わらずに花を咲かせてくれている。

何万年も 昔から。

青山・牡丹?

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2011/05/20 05:12】 | 震災に思う
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック