FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自分の苦しみや悲しみを「理解して欲しい」と思うのは
当然なことだと思う。

でも私はもう
自分の苦しみを周囲の人に「理解してもらおう」とするのは
あきらめた。

どう表現しても
どう言葉を尽くして語っても
私の苦しみは、一般的には
理解し難いのだろう・・と言うことが
わかったから。

セラピスト・ハッチは別だけど
セラピストとの関係は「契約」によって成り立ってる。
身も蓋もな言い方をすれば
私はハッチの時間を、金を払って買っている と言うことだから、
理解してもらって、
或いは理解するよう務めてもらって当然・とも言える。

本来なら最低でも週1ペースで通わなければ
あまり治療的効果は期待出来ない。
しかし今の私の経済的事情により、
そこまでコンスタントには通えないのが現状。
つまり、ハッチも 金 ってこと。(それでも破格。
今の所、精神療法は保険適用外なので
フルタイムで働いてない私にはキツいのよ・・

よほど変態だからなのか、ナンなのか、
もう
わからなくなった。

だからわかってもらうのは
あきらめたんだ。

あ、でも思い出した。
そう言えば、ハッチ本人にも「所詮お金でしょ?」みたいなこと
言ったことがあったんだ。
そのとき彼は

・・・悪いけどオレ、
ナレイさんにしても他のクライアントさんにしても、
ホントにお金だけ!って思ったら何でも
「あーわかるわかる!辛いよねー苦しいよねー」
ってわかったフリするけどなー
だってそのほうがラクだもん、ずっと。


確かそう言ってたことがあって、
その言葉に、救われた思いがしたんだったっけ・・・。

ハッチはむしろ「わからない」と言うことのほうが多い。
わかんないな・・その辺・・どんなカンジ?
もうちょっと詳しく。

と、私に突っ込んで言葉を求めて来る。
私もあらゆる表現を駆使して、
彼にわかるように自分の気持ちを伝える。

そしてその思いが伝わったときの通じた・・!と言うあの感覚は
まさに理解してもらえた、と言う安堵感。


ハッチも大変なクライアントである私を引き受けて
それでも私をわかろうと、毎回真剣でいてくれるのよね・・・。
お金だけじゃないから、ラクしてないのよね。

(言われてみれば自分だって、お金だけ と思ったら
やってらんない!バカバカしくてあんな仕事~~~~)

ハッチだけでも、毎回とことん向き合って
こんな私をわかろうとしてくれるなら
それで良い。

一人だけでも
私をわかってくれる人がいるなら
それで十分じゃん。

他の誰に理解されなくても。

セラピスト運だけは良い私。
いや、運じゃない、自分の足で探し歩いて勝ち取ったのよ。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/06/26 04:50】 | 神経症
|


カプチ
今日は。

他人の気持ちがわかるかと言えば
同じような経験をしたり
同じような境遇になければ
基本的にわからないと思います。

けれど勝手な想像位はできるような気はします。
私の場合で言えば
最悪の下痢のためトイレでお尻出したまま這いつくばった経験とか
荒天にもかかわらず釣り船に乗ってしまい、最悪の船酔いの中「100万円払いますから今すぐ港まで戻って下さい」と言いだしそうになった経験とか
こんなのを思い出して
「きつくてたまらないんだろうなあ」
と想像するわけです。
もちろん理解とは程遠いですが。



Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは。
コメント、ありがとう。

そうですよね。
理解 なんて私にだって出来ない。
でも、仰るように同じような経験をしていると想像は出来ますよね。

> 最悪の下痢のためトイレでお尻出したまま這いつくばった経験とか
これ・・!何度かあるけど、もう~~~キツい~~~~~~!!!!
どどどど、どーしよう・・・・どしたら治まるの・・?これ・・
だれか・・だれかーー!!
あぶら汗・・・・みたいな?(笑

> 荒天にもかかわらず釣り船に乗ってしまい、
>最悪の船酔いの中「100万円払いますから今すぐ港まで戻って下さい」と言いだしそうになった経験とか
わはははははー笑っちゃいけないんだけどウケるーーー

理解と想像は違うけど、
わからないことは、
やっぱり想像することからしか始まらないんだと思います。

ハッチのような専門家を見ていると
逆に、とても素朴に「そこ、ちょっとわかんないんだけど、どんなカンジ?」と尋ねて来てくれる、
てきとーに「うんうん、それは辛いねー」とか
わかったフリ をしないことが私を安心させてくれたりします。



苦しみや悲しみを理解する
WADA(わだ)
理解して貰おうとしても、「甘え」だの「働け!」だの言われ、終いには「役立たず!!」とトドメを刺されたりする世の中ですものね。


苦しみや悲しみを理解する余裕が無くなっていますよね。当事者にならないと分からないのだろうかと。。。自分は、当事者でなくても理解すべきだとの認識でありそのための勉強もしているのですが、それでも、上記のことを言われてしまうことが多々あります。


働いているというだけで偉いのだと勘違いしている人が多すぎて、ついていけない。障害などで働けないのは甘え、フリーターやニートは役立たずなどと、平然と言ってのける働いている人が多すぎて嫌気が差しますわ。

Re: 苦しみや悲しみを理解する
ナレイ
WADAさん
コメント、ありがとう。

そうね。
みんな自分のことで精一杯で
他人の苦しみなんか理解するどころじゃないんでしょうね。

私も職業柄、WADAさんと同じく「理解すべき」と言うより
常に相手の気持ちを「わかろうと」しなくては成り立たないです。

ただ、どうなんでしょうねえ・・・。
いろんな当事者を見ていると

>障害などで働けないのは甘え、フリーターやニートは役立たず
これは判断が非常に難しいです。

精神の現場では、本当に障害のために苦しくて働くことが出来ない人、
ある程度回復しているにも関わらず、何年も何十年も社会から離れていて
全く「働く気の無い人」、

実に様々な人がいるのが現状なので
一概に社会や世の中がこうだから、とは言えないです。

ただ、世の中は余りに速く進み過ぎだし、
精神障害に関しては全く取り上げないので未だに認知されない、
そこは大いに問題だと思ってます。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今日は。

他人の気持ちがわかるかと言えば
同じような経験をしたり
同じような境遇になければ
基本的にわからないと思います。

けれど勝手な想像位はできるような気はします。
私の場合で言えば
最悪の下痢のためトイレでお尻出したまま這いつくばった経験とか
荒天にもかかわらず釣り船に乗ってしまい、最悪の船酔いの中「100万円払いますから今すぐ港まで戻って下さい」と言いだしそうになった経験とか
こんなのを思い出して
「きつくてたまらないんだろうなあ」
と想像するわけです。
もちろん理解とは程遠いですが。

2012/06/26(Tue) 12:54 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは。
コメント、ありがとう。

そうですよね。
理解 なんて私にだって出来ない。
でも、仰るように同じような経験をしていると想像は出来ますよね。

> 最悪の下痢のためトイレでお尻出したまま這いつくばった経験とか
これ・・!何度かあるけど、もう~~~キツい~~~~~~!!!!
どどどど、どーしよう・・・・どしたら治まるの・・?これ・・
だれか・・だれかーー!!
あぶら汗・・・・みたいな?(笑

> 荒天にもかかわらず釣り船に乗ってしまい、
>最悪の船酔いの中「100万円払いますから今すぐ港まで戻って下さい」と言いだしそうになった経験とか
わはははははー笑っちゃいけないんだけどウケるーーー

理解と想像は違うけど、
わからないことは、
やっぱり想像することからしか始まらないんだと思います。

ハッチのような専門家を見ていると
逆に、とても素朴に「そこ、ちょっとわかんないんだけど、どんなカンジ?」と尋ねて来てくれる、
てきとーに「うんうん、それは辛いねー」とか
わかったフリ をしないことが私を安心させてくれたりします。

2012/06/26(Tue) 16:39 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
苦しみや悲しみを理解する
理解して貰おうとしても、「甘え」だの「働け!」だの言われ、終いには「役立たず!!」とトドメを刺されたりする世の中ですものね。


苦しみや悲しみを理解する余裕が無くなっていますよね。当事者にならないと分からないのだろうかと。。。自分は、当事者でなくても理解すべきだとの認識でありそのための勉強もしているのですが、それでも、上記のことを言われてしまうことが多々あります。


働いているというだけで偉いのだと勘違いしている人が多すぎて、ついていけない。障害などで働けないのは甘え、フリーターやニートは役立たずなどと、平然と言ってのける働いている人が多すぎて嫌気が差しますわ。
2012/06/26(Tue) 19:05 | URL  | WADA(わだ) #-[ 編集]
Re: 苦しみや悲しみを理解する
WADAさん
コメント、ありがとう。

そうね。
みんな自分のことで精一杯で
他人の苦しみなんか理解するどころじゃないんでしょうね。

私も職業柄、WADAさんと同じく「理解すべき」と言うより
常に相手の気持ちを「わかろうと」しなくては成り立たないです。

ただ、どうなんでしょうねえ・・・。
いろんな当事者を見ていると

>障害などで働けないのは甘え、フリーターやニートは役立たず
これは判断が非常に難しいです。

精神の現場では、本当に障害のために苦しくて働くことが出来ない人、
ある程度回復しているにも関わらず、何年も何十年も社会から離れていて
全く「働く気の無い人」、

実に様々な人がいるのが現状なので
一概に社会や世の中がこうだから、とは言えないです。

ただ、世の中は余りに速く進み過ぎだし、
精神障害に関しては全く取り上げないので未だに認知されない、
そこは大いに問題だと思ってます。



2012/06/27(Wed) 06:28 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可