FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私のツボ な映画は、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に次いで
「ミリオンダラーベイビー」。

一般的に救いがない と言われるモノが、やはり私には良いみたい。
いわゆる「感動」モノでは全然感動出来ないし、
普段あまり映画を観ないので、
私向きの映画を探すのにいつも苦労する。

「ショーシャンクの空に」なんて、夢中になって観てたけど、
ラストがハッピーエンド・と言うだけで
なーんだ・・とがっかりしてしまうくらいな私なんで。

これは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を勧めてくれた友人が
同じように「私は嫌いだから貴女には良いかも」と言われて、
なら絶対OKだろ?と思って観てみたら凄いツボだった、と言う訳だ。

ハマると何度でも観る私のことだから、DVDまで買った。

この映画については、いろいろ議論が巻き起こったようだけど
べつに単なる「お話」、全くのフィクションの世界なんだから
騒ぐことではないと思うけどね~

ボクサーを目指す孤独な女性マギーと、
心に止血出来ない古傷を持つ、名トレーナーとの出会い。
モーガン・フリーマンのあの深く染み渡るやうなナレーションで
物語は進行して行く。

観客は殴り合いを楽しむ。事故現場を覗き込み、血を好む。
だがわかっていない。
ボクシングとは、相手の尊厳を奪い、それを自分のものにする。
尊厳のスポーツ。


相手の尊厳を奪うと言うことは、常に自分も、
自分の尊厳を奪われる危険にさらされていると言うこと。

それでも勝ちたいと思うのは、相手の尊厳を自分のものにしたとき、
自分の尊厳は今まで以上に賛美され、
栄光を勝ち取り、名誉を手にし、
英雄 として認められるからなのだろう。

自分の尊厳を奪われるリスクを侵してまで、
そこまで凄まじいトレーニングを、続けて来ているから。

悪い癖は、頭ではなく骨が忘れるまで叩き直す。
疲れ果て、やがてトレーナーの声しか聞こえなくなる。
全てを繰り返し繰り返し繰り返し、自分の一部にしてしまう。


好きなことなら、そこまでしてもやると言う気持ちが、
私のような軽い変態にはどこかわかる気がする。

マギーも何よりボクシングが好きだった。
他に何もない彼女には、
そんな過酷なトレーニングも苦ではなかったのだと思う。

そして彼女は、トレーナーであるフランキーに、
亡き自分の父親を重ねて、信頼しきっていた。

男女とも親子とも違う、
この頑固な二人の間に流れる何とも深い繋がりに、見入ってしまう。

彼女の選択が正しかったのか、間違っていたのか、ではなく、
彼女ならではの選択が好き。

生まれたときの体重はたった950グラム。
パパは、“生のために闘った子”と。死ぬときもそうするわ。
その邪魔をしないで。
あたしは生きた。思い通りに。
その誇りを奪わないで。お願いよ。


あんな一生なら、短くても悔いなどない。
現実ではあり得ないお話・とは言え、マギーのように生きられたらな~
なんて思ったりした。
どこが 救いがない のか 私にはわからない。

心からフランキーを愛し、そのフランキーによって、彼女の尊厳は
最期まで奪われなかったのだから。
心から感謝するだろう、私がマギーだったとしても。

映画と違ってそうは問屋が卸してくれないのが現実だけれど、
犬死にも覚悟してはいるけれど、

出来ることなら、人生の幕引き時は、自分で決めたい。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/06/07 05:47】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
|

ダンサーインザダーク!
ホヌ
私、この映画・・・忘れる事ができない一本。

こんばんはナレイさん。


あれは 唯一 「代休」 がとれた 師走に一人で観に行き 号泣も号泣してしまい「しまったんだね・・・一人で来るんじゃなかった」っと、一人映画が当たり前の私ながら思った内容でした。


しばらく 感情移入から抜け出せず えらいめになった(笑)


挙げ句、きっと その日であろうとしか考えられない「インフルエンザ感染」してしまい、年の最終日に 当時の職場から、あまりの高熱と共に救急で病院へ・・・(爆笑)

むろん・・・寝正月となった事は言うまでもないです・・・(涙)


あぁ・・・ビョークが好きなばっかりに・・・(笑)



Re: ダンサーインザダーク!
ナレイ

ホヌさん、こんばんは。
コメント、ありがとう。

おおー!「ダンサーインザダーク」?!仲間?

> 私、この映画・・・忘れる事ができない一本。
私にとって「ダンサーインザダーク」は、もう
映画史上永遠の「第1位」ですわ!

私は残念ながら映画館で観てはいないのですが
それでも、先ず列車のシーンで理屈抜きの号泣、号泣、大号泣。
(私がそれだけ泣く なんてことは先ずないです)

ビヨークなんて知らなかったし、最初は素人が撮ったみたいな
わざとブレた映像が続く・・
で、ビヨーク扮するセルマの空想シーンになると
あのブレた映像が止まるんだよね・・・・。

これは 歌 じゃない。「魂の叫びだ」と思ったわー

勿論、あのラストも。

これこそ「私の世界観」とさえ思いました。

だから逆にちょっと記事に書くのは難しい・・と思って
「ミリオンダラーベイビー」のほうを書いたんだけどね。

I’ve seen it all 
there is no more to see.

もうこれ、歌えます~~


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ダンサーインザダーク!
私、この映画・・・忘れる事ができない一本。

こんばんはナレイさん。


あれは 唯一 「代休」 がとれた 師走に一人で観に行き 号泣も号泣してしまい「しまったんだね・・・一人で来るんじゃなかった」っと、一人映画が当たり前の私ながら思った内容でした。


しばらく 感情移入から抜け出せず えらいめになった(笑)


挙げ句、きっと その日であろうとしか考えられない「インフルエンザ感染」してしまい、年の最終日に 当時の職場から、あまりの高熱と共に救急で病院へ・・・(爆笑)

むろん・・・寝正月となった事は言うまでもないです・・・(涙)


あぁ・・・ビョークが好きなばっかりに・・・(笑)

2012/06/07(Thu) 20:17 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: ダンサーインザダーク!

ホヌさん、こんばんは。
コメント、ありがとう。

おおー!「ダンサーインザダーク」?!仲間?

> 私、この映画・・・忘れる事ができない一本。
私にとって「ダンサーインザダーク」は、もう
映画史上永遠の「第1位」ですわ!

私は残念ながら映画館で観てはいないのですが
それでも、先ず列車のシーンで理屈抜きの号泣、号泣、大号泣。
(私がそれだけ泣く なんてことは先ずないです)

ビヨークなんて知らなかったし、最初は素人が撮ったみたいな
わざとブレた映像が続く・・
で、ビヨーク扮するセルマの空想シーンになると
あのブレた映像が止まるんだよね・・・・。

これは 歌 じゃない。「魂の叫びだ」と思ったわー

勿論、あのラストも。

これこそ「私の世界観」とさえ思いました。

だから逆にちょっと記事に書くのは難しい・・と思って
「ミリオンダラーベイビー」のほうを書いたんだけどね。

I’ve seen it all 
there is no more to see.

もうこれ、歌えます~~
2012/06/07(Thu) 20:39 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可