FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
生意気にも載っけてんのね、
みのるったら自分のクリニック、なんて思って
何気に見てたみのるの文章。
また能書きばっかり垂れて~と思って、ふと目に止まった。

本当の自分 なんてのは幻想だよ
と、かつて私に言ってたみのる。
至く共感した私。

極論すれば。自分とはああで、こうで、なんて
「説明」は,一度やったら忘れて行って良い。
そんな自分とは・の「説明」は、言葉にすれば、
どんどん概念化してしまうから。
どれだけ言葉を尽くして語っても、「説明」してるそばから
生き生きとした「私そのもの」は遥か遠くへ行ってしまう。

「言葉の説明」は、木工像を掘っているときに出て来る
木屑みたいなもの。
木屑はどんどん出て来るけれど、それを振り返る必要はない。

木屑だらけになりながら、木の塊 を掘り続けて行くうちに
やがてはどんな、自分 が出て来るか、楽しみだ。

と、私の表現に変えて、みのるのカウンセリング観を書いてみた。
なによー考えてんじゃん!みのるも一応。あんなんでも。

そうね。
私と言う 木の塊はどんな風に掘られて出て来るか、

いびつな形をした自分が出て来るのか、丸い自分が出て来るのか、
星みたいな角ばった自分が出て来るのかはわからない。
年取って丸くなって来た なんて言うけど、
私は丸くならなくて良い。
むしろ角だらけのままのほうが面白いじゃん? 

たまには良いこと書いてんじゃーん、みのるも、え?
私にさんざん!
なによーみのるはさあ~今日も絶賛営業なう なクセに~とか、
言われてるわりに~(笑

セラピスト・ハッチとやってるわよ~その作業。
可哀相に、ハッチなんか私の 木屑まみれ になってるわよ、毎回。
みのるもたまにはこう言うこと、口頭で言いなさいよ!私に~
そしたらもっと優しくして あげる のに~
っと、またちょー上から目線(笑

こないだ、代診のDr,の診察だったとき、私が
私、べつにみのるじゃなくて良いんです。あいつムカつくから
と、言うと
みのる・・?あ、院長のこと?!いや・・
やはり院長とは歴史もあるだろうし

と仰るので(みのるじゃないと尊敬語)
みのるとのれきし?なんかありません!絶賛営業なうだから
と応えると、とやけにウケておられました~(笑
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/05/21 05:07】 | 神経症
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可