FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
浅い夢の中で見るのはいつも
生き生きとした私。

空を飛ぶのも久しぶり。
そうそう。
上空2000フィートくらいから飛ぶと
そのままぐんぐん飛べるんだったっけね。
どこまでも。

何故ひとは皆、空に憧れるんだろう。
空を飛びたい、と思うのだろう。
あの空に。

目を醒ますと、いつもの朝。
いつものように顔を洗い、歯を磨き
いつものように着替えて
いつものように長い時間を過ごす。

今日は、
息子さんを亡くしたばかりで悲しみの渦中にある人の元に向かう。
昨日
「・・・・・来てくれますか?」と
消え入りそうな声で言われ
「お伺いします」とだけ応えた私。

そんなときはいつも、自分の無力を感じるけれど
せめてその人のそばに寄り添って
ただ話を聞くことだけでもしたいと思う。

無力な私だけれど、
ひとの深い悲しみを癒せるのは、
やっぱり
ひとしかいないから。


悲しみ、苦しみ、怒り
ひとの負の感情と向き合うのが
PSWの仕事。

自分のハンディを抱えたままであっても。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/05/18 06:14】 | PSW(精神保健福祉士)
|


ホヌ
こんばんはナレイさん。
今日も、「想い人」だったのですね。

ナレイさん、ナレイさんは無力なんかじゃない。 絶対にない。

>せめてその人のそばに寄り添って ただ話を聞くことだけでもしたいと思う。


ご遺族の悲嘆の深さは計り知れない。
そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。

後々の 再出発にも影響する、とても大変なお役目です。 (これは、釈迦が本来していた行いと同じ行いですよ)


>自分のハンディを抱えたままであっても。


ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・

そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・

そう考えると、やはりすごいことだと・・・。


私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。


Re: ホヌさん
ナレイ
おはようございます。になってしまいました。
コメント、ありがとう。

「想い人」
そう、昨日も一日、様々な思いが去来しました。

ご遺族は、まだまだ張り詰めていて、
実感が湧かない様子でした。
全て終わってからが、辛い時間になる・・と思えました。

それでも「来てくれてありがとう。とても頼もしかった」
と言ってくれました。

少しでも役に立ったのなら良かった、と思ったけれど
やはり、私は無力です。
と言うか、悲しみに寄り添って行くことの大切さを感じながらも、
自分に出来ることは限られている、と知ることが大事なのだと思っています。

> そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、
>ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。
そう。無駄に言葉をかけたり、励ましたり、泣いたりするのではなく、
悲しむ人の前では、常にこうありたい、と私も思います。

> ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、
>ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・
無自覚だけど、もしかしたらそうなのかも知れませんね。
遺族や悲しむ人の前で、私は、なんと言うか・・・・・
昔から、静かな共感 のようなものを覚えます。

> そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、
>今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・
そうかも知れません。
そう考えると、「こんな病気にさえならなかったら・・!」とさんざん思って来た
若い頃の自分がウソのようです。(笑

> 私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。
ありがとう。
楽しい時間を共有することはたやすいですが、
悲しい時間を共有することは難しいです。
でも、悲しい時間を一人で過ごすことほど切ないものはありません。

悲しい時間・大切な時間・だからこそ、
共有したいと思いました。
五月の空に逝った人を、一緒に見送りました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんはナレイさん。
今日も、「想い人」だったのですね。

ナレイさん、ナレイさんは無力なんかじゃない。 絶対にない。

>せめてその人のそばに寄り添って ただ話を聞くことだけでもしたいと思う。


ご遺族の悲嘆の深さは計り知れない。
そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。

後々の 再出発にも影響する、とても大変なお役目です。 (これは、釈迦が本来していた行いと同じ行いですよ)


>自分のハンディを抱えたままであっても。


ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・

そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・

そう考えると、やはりすごいことだと・・・。


私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。
2012/05/20(Sun) 00:19 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: ホヌさん
おはようございます。になってしまいました。
コメント、ありがとう。

「想い人」
そう、昨日も一日、様々な思いが去来しました。

ご遺族は、まだまだ張り詰めていて、
実感が湧かない様子でした。
全て終わってからが、辛い時間になる・・と思えました。

それでも「来てくれてありがとう。とても頼もしかった」
と言ってくれました。

少しでも役に立ったのなら良かった、と思ったけれど
やはり、私は無力です。
と言うか、悲しみに寄り添って行くことの大切さを感じながらも、
自分に出来ることは限られている、と知ることが大事なのだと思っています。

> そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、
>ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。
そう。無駄に言葉をかけたり、励ましたり、泣いたりするのではなく、
悲しむ人の前では、常にこうありたい、と私も思います。

> ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、
>ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・
無自覚だけど、もしかしたらそうなのかも知れませんね。
遺族や悲しむ人の前で、私は、なんと言うか・・・・・
昔から、静かな共感 のようなものを覚えます。

> そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、
>今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・
そうかも知れません。
そう考えると、「こんな病気にさえならなかったら・・!」とさんざん思って来た
若い頃の自分がウソのようです。(笑

> 私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。
ありがとう。
楽しい時間を共有することはたやすいですが、
悲しい時間を共有することは難しいです。
でも、悲しい時間を一人で過ごすことほど切ないものはありません。

悲しい時間・大切な時間・だからこそ、
共有したいと思いました。
五月の空に逝った人を、一緒に見送りました。
2012/05/20(Sun) 08:49 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可