FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
そうねえ・・・フレディとか、
QUEENの話をするなら、

やはり今、QUEENのボーカルを務めている
アダム・ランバートにも
触れない訳には行かない・・・かなあ・・・・?

日本にまた来るらしいじゃない?

ちょっと私としてはアダムについてのコメントは
差し控えたいんだけど・・・・
(おめえのコメントなんかだっれも依頼してねっぞーー!)

だって・・・
彼もまた、突出した才能の持ち主と言える訳だから。


それにさあ・・・
フレディに代わる人なんていない ってことは
誰にだってわかってることだし、
アダムだって、フレディの真似なんかしないし、
で?あれだけの歌唱力でしょう?
イケメンでしょう?(もうちょっとブサメンでも良かったと思うけど)

文句はつけられないのよね・・・とくに・・・。


ただ、歌も演奏もそうだと思うけど
技術さえ優れていれば良いのか?と言えば
そうではない。

歌に、演奏に、その人の人生や背負った歴史が滲み出る、
そういうものだと思う。
(ごめんなさいね、単なるミーハーな私が)

そうそう、だからポール・ロジャースだっけ?が
ボーカルをやるとそれはそれでまた良いと思えるし、
ジョージ・マイケルの「Somebody to Love」
を聞いたときは、
フレディの魂が乗り移ったのかと思ったくらい、良かった。


まあでも、その点についても彼はまだ若いので
これから、10年後20年後にならんとわからんしねえ・・・

フレディの場合は、「まだ若いし」というのを感じさせない
彼特有のカリスマ性があったからね・・・・。


おそらく映画「ボヘミアンラプソディ」の大ヒットが
忘れ去られないうちに、若いファン層を獲得したい訳でしょ・・?
そゆことでしょ・・・?

申し訳ないけど、
私にはあの映画は「凡作」としか映らなかったし。


つまり、アダムってどこをとっても完璧過ぎて、
なんというか・・・
浅い!浅いの。浅い気がしてしまうのよ。そうそう!
インパクトなくて、浅いの。

フレディはカッコいいだけじゃなかった。

「ねえねえフレデリックくん、これ、
どこのおもちゃ屋さんで買ったの?」みたいな

赤・青・緑のガラス玉いっぱいな王冠とか被ってさ、
ベルベット?ビロード?の
真っ赤な長いガウンのようなケープのようなものを引きずってる辺り?
市松模様の全身タイツといい、


あら?フレディって「お笑い」出身だったっけ?
と思わせるものがあって、
でもそこがまたフレディの魅力だった。


でも!これはアダムには無理でしょう!と思ったのが
「キラークイーン」!
これこそ!フレディにしか歌えない曲!


70年代にあのお洒落さ、黒いマニキュアも凄いけど

何とも過激な一方で、
もう一方では、気品さえ感じさせてくれたのが
フレディの「キラークイーン」だった。


アダム・ランバートの「キラークイーン」は酷かった。
なんか、美川憲一さんを思い出しちゃった~(笑
選曲しなければ良かったのに、と思うけどねー

でもあれが「いい!」と言う人もいるんだね・・・
本当に、人のものの見方は千差万別・・・・。


若いアダムの歌に、その人生や歴史が滲み出るまで
10年かかるのか20年かかるのかわからんけど
そこは、なが~い目で見守る・・・ような親切心、
少なくとも私にはない!けどね~


つまり私はアダム・ランバートという人を
好きじゃないんだよ、きっと。

ただそれだけ~

ま、せいぜいお気張りやす~

しかし、永遠にQUEENのボーカルは、
フレディ・マーキュリーです。



だってこれ、70年代だよ! too Amazing!でしょー!
ちょーかっけえ・・・



 そしてこれがアダム・・・・・



アダムもゲイだそうで、
ライブ中ステージ上で男性ダンサーとディープキスしたり
股間を男性の頭に擦りつけたりして抗議が殺到したとか。
私はそんなのべつにどんどんやれば?と思うけど
なんか痛々しい気がしたわー
大物 っぽい自分を必死で演じてるみたいで・・・








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/18 00:03】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック