FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
日本語と言うのは、時代の流れと共にどんどん変わって行くものなんだね。

「いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひける中に、
いとやむごとなき際にはあらぬが@@@」

なんて言っても、現代じゃ、もう意味がわからないもんね。
何となく、しか。

これは極端な例だけど、
そうやって日本語はどんどん過去の言葉は淘汰され
新しい言葉に変わって行くんでしょうね。

「もうせん」なんて言葉も相当昔だけどあったよね。

「ずっと以前に」とか
「昔に」とか
そんな意味で
「もうせん、言ったよね」
と言うふうに使われるんだったかな。

もう死語になってしまったけど、懐かしい・・・。

「今どきの若者は」と言う表現は、いつの時代でも言われるけど、
若者言葉も私は好き。

「きしょい」とか、
「ちょーまぢウケる」とか、
「てかパねえし」とか、
ワンピやキャミ、この辺はフツーに使ってる。

ただ、「ヤバい」これが最近
「危ない」の意ではなく、「感動した」とか良い意味のときに
「ヤバい!」「ヤバい!!」と連呼されるのがちょっと気になるくらいかな。
え?危ない んじゃなくて、嬉しくて感動しててヤバい!
と言われると、ちょっとヤバい気が・・・。

あと自分の職場でどーにも「ちげーだろ・・・?」と思ったのは
患者さんに食事を食べてくれ、と言うとき
頂いて下さいと言う職員の多いこと。
「頂く」は謙譲語。つまり自分が食べるときや
自分の身内がよそのお宅で食べるときに使うよね。
「頂きます」とか「頂きなさい」と言った具合に。

患者さんに食事を勧めるときは、どう考えても
召し上がって下さいじゃないか・・・?

相手が患者・つまり他人なんだから、一応、尊敬語なんじゃないかしら?と思う。

いや、日本語と言うのは本当に難しい。
しかし、それだけ豊かな表現が沢山あると言うことなので、

普段はてきとーな日本語でも良いけど
正式な場では、出来るだけ綺麗な日本語を使いたいな、と思う。

「まぢヤバくね?」とか言ってる今の若い子が、
正式な場で、果たして正しく日本語を使えているのか、ちょっと気になる。
「ババアうっぜ!てかかんけーなくね?」と言われそうだが。(苦笑
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

【2012/04/27 06:34】 | どーでもいい話題・おふざけ・毒吐き
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可