FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
殆どNHKを観ない私は知らなかったんだけど
NHK教育・Eテレと言うのか、今
でオン・エアしてる「バリバラ」と言う番組。

これは今までにない、障害者バラエティー番組なんだってことで
脳性麻痺の人や多発性硬化症、義足の人とかが出演して
あけすけに自分たちのことや障害のことを語る と言うので
評判になってるらしい。

言われてみれば、一度か二度観たことあるけど。
いち視聴者としては、どこがバラエティーなの・・・・・?
マジメ過ぎ・・・・・
あれをバラエティー・と呼ぶ辺り、さすがNHK・・・と思ってしまった。

一般的には「障害者を見世物にして」とか
出ました・定番のご批判
みたいな反応やら、
「凄く面白い」とか、賛否両論みたいだけど、

未だにあの程度の認知度か・・・・・・・・。
単にメディアに出てるだけで「見世物」とか言うから、
いつまで経っても出られないのよね・・

と、ちょっと気が遠くなる私・・・・・・。

つまり、あの程度で批判が来るような、未だにそんな時代な訳?と思う。

民放でその番組を紹介してて、そのときの芸能人の誰かが
「障害をお持ちの方も、こんなに明るく生きてらっしゃるんですよね。
私たちはなんか、腫れ物に触るようにして来ちゃったけど、もっと@@@@」
とかぬかしてた。

けど、
明るく生きてらっしゃる?て・・・障害者だって、暗いのも明るいのもいる、
そんなん当たり前でしょ?

とか思っちゃった・・・・。

今まで、そう・・・・昭和の終わりくらいからかなあ・・
障害者も、健常者と何ら変わりなく生活して行くんだ と言う考え方とは裏腹に
現実はどんどん彼らを隠蔽するようになってった結果だと私には思える。

NHKは白木みのるを出さなくなった過去をお持ちよね?確か。
彼が小人症だから。
昔は小人症の人もフツーにテレビに出て、茶の間を笑わしてたの。

そう言う人たちをどんどん隠蔽して行った結果が、
この「腫れ物に触る」ような現代。

子供心に単になんかの病気だろう、とわかってたけど
べつに藤田まこととの対比が面白くて笑ってたけど?
個人的に、数年前、白木さんを偶然都内のある場所でお見かけして
お元気だったのねーと懐かしかったわ。

とにかく、今どきあの番組を批判するのも、改めて絶賛するのも、
障害者を知らなさ過ぎの結果なんだなあ・・・と思ったら途方に暮れた。
まあ、24時間テレビよりはずーーーーっと良いと思うけどね。

相変わらずな24時間テレビ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/04/25 05:40】 | 雑感
|

おはようございます
mikado

※未だにあの程度の認知度か・・・・・・・・。

そうですよ。
異端の者を受け入れる人、受け入れない人、どうしていいか分からない人。
数の論理ではなく、自分自身の目と身体で判断しましょう。
血を流さない者には永遠に分からない論理です。

Re: おはようございます
ナレイ
mikdoさん
コメント、ありがとう。

> 異端の者を受け入れる人、受け入れない人、どうしていいか分からない人。
> 数の論理ではなく、自分自身の目と身体で判断しましょう。

仰る通りです。

どうしていいかわからないならわからなくていいと思います。
最初は誰だってわからないんだから。

それを徹底的に隠蔽して来た結果がこの現代か・・・・と
ちょっと呆れました。

わからないから「腫れ物」として避ける のではなくて、
わからなかったら本人に聞けば良いのだと思います。

例えば、この番組に出てる脳性麻痺の人。
彼、脳性麻痺なので言葉が聞き取りにくいです。
そういうときは、「わかんない、もう一回言って」と言う。
そのうちに慣れて、わかるようになります。

そこからしか、お互いの理解は始まらないと思いますけどね。





桜野らむね
最近ヘトヘトで明日(日付が変わったので今日)こそはゆっくり休みたいと思います.

ひさびさにブログを更新しました.とはいってもおのおのでリンクを貼っているメインの方ではないほうです.

更新終えて,その後に覗きに来ました.

24時間テレビみたいに,頑張ることが美徳!ってことになってて,でも頑張りすぎると心配されて,じゃあ頑張らないとなると叱咤激励・・・

息苦しい(生き苦しい)世の中だなと感じてます.

Re: らむねっち
ナレイ
コメント、ありがとう。

24時間テレビなんてのは論外でしょう。
あんなもんはどーでも良いと思うよ。

一般的には、やはり「前向きに頑張る」と言うのが好きみたいだね。
これはブログを始めてからの感触や、学内サイトで感じること。

心配してもらうのは、ありがたいことなんじゃないかなあ。
ただ、周囲がどうあれ、頑張れないときは頑張らない、で良いと思うよ。

あとは、最近よく思う。
頑張らない私であっても、生きて行く以上
頑張らなきゃならないときも、前を向かなきゃいけないときも
あるんだなあ・・って。

前を向かないと、歩いて行かれないからね。

ネガティブのままの私、後ろ向きな私だけど
どーーーにもならんときは、周囲の手を借りながらでも
ちょっと前を向いて、のろのろでも良いから
前を向いて歩いてくしかないんやろなあ、と思う。

一般的にみんなが「前向きに頑張る」のが好きなのは
ただ単純に「前向き」「頑張る」と言うだけなのは別として、

どんなに苦しくても、死ぬほど悩んでいても
それでも前を向いて歩いてる人の姿に、
心動かされるからなんだと思うんよ。





Re: 追伸
ナレイ
それから、記事に即して言うと、身体障害の場合

誰の目にも見えるってことがメリット、デメリット両方あるよね。

わかってもらいやすいけど、反面、
容貌がひとと違ったり、コミュニケーションも上手く取れなかったりするので、
彼らにとってもの凄く「不当な差別を受けている」と思って
長年生きて来ただろうから、
(想像だけど)

彼らは、そう言う社会に対して
自分たちの当然の権利を主張すべく活動してる人もいるし、

何より日常生活からして我々の何倍もの時間を要するし。

後ろ向きも前向きも何も
必死で毎日を生きるしかない、と言う現実はあるよね。

それは彼らのハンディなので
24時間テレビみたいにやたら美化する必要もないし、
特別扱いする必要もないけども、

現実として、相当厳しいだろうと。
でもそんな自分を受け入れて生きてる人たちが多くいることも事実だと思う。

勿論、身体障害と言ってもこれまた人によって様々なのは言わずもがな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます

※未だにあの程度の認知度か・・・・・・・・。

そうですよ。
異端の者を受け入れる人、受け入れない人、どうしていいか分からない人。
数の論理ではなく、自分自身の目と身体で判断しましょう。
血を流さない者には永遠に分からない論理です。
2012/04/25(Wed) 10:58 | URL  | mikado #-[ 編集]
Re: おはようございます
mikdoさん
コメント、ありがとう。

> 異端の者を受け入れる人、受け入れない人、どうしていいか分からない人。
> 数の論理ではなく、自分自身の目と身体で判断しましょう。

仰る通りです。

どうしていいかわからないならわからなくていいと思います。
最初は誰だってわからないんだから。

それを徹底的に隠蔽して来た結果がこの現代か・・・・と
ちょっと呆れました。

わからないから「腫れ物」として避ける のではなくて、
わからなかったら本人に聞けば良いのだと思います。

例えば、この番組に出てる脳性麻痺の人。
彼、脳性麻痺なので言葉が聞き取りにくいです。
そういうときは、「わかんない、もう一回言って」と言う。
そのうちに慣れて、わかるようになります。

そこからしか、お互いの理解は始まらないと思いますけどね。


2012/04/25(Wed) 11:12 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
最近ヘトヘトで明日(日付が変わったので今日)こそはゆっくり休みたいと思います.

ひさびさにブログを更新しました.とはいってもおのおのでリンクを貼っているメインの方ではないほうです.

更新終えて,その後に覗きに来ました.

24時間テレビみたいに,頑張ることが美徳!ってことになってて,でも頑張りすぎると心配されて,じゃあ頑張らないとなると叱咤激励・・・

息苦しい(生き苦しい)世の中だなと感じてます.
2012/04/27(Fri) 01:01 | URL  | 桜野らむね #-[ 編集]
Re: らむねっち
コメント、ありがとう。

24時間テレビなんてのは論外でしょう。
あんなもんはどーでも良いと思うよ。

一般的には、やはり「前向きに頑張る」と言うのが好きみたいだね。
これはブログを始めてからの感触や、学内サイトで感じること。

心配してもらうのは、ありがたいことなんじゃないかなあ。
ただ、周囲がどうあれ、頑張れないときは頑張らない、で良いと思うよ。

あとは、最近よく思う。
頑張らない私であっても、生きて行く以上
頑張らなきゃならないときも、前を向かなきゃいけないときも
あるんだなあ・・って。

前を向かないと、歩いて行かれないからね。

ネガティブのままの私、後ろ向きな私だけど
どーーーにもならんときは、周囲の手を借りながらでも
ちょっと前を向いて、のろのろでも良いから
前を向いて歩いてくしかないんやろなあ、と思う。

一般的にみんなが「前向きに頑張る」のが好きなのは
ただ単純に「前向き」「頑張る」と言うだけなのは別として、

どんなに苦しくても、死ぬほど悩んでいても
それでも前を向いて歩いてる人の姿に、
心動かされるからなんだと思うんよ。



2012/04/27(Fri) 07:02 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
それから、記事に即して言うと、身体障害の場合

誰の目にも見えるってことがメリット、デメリット両方あるよね。

わかってもらいやすいけど、反面、
容貌がひとと違ったり、コミュニケーションも上手く取れなかったりするので、
彼らにとってもの凄く「不当な差別を受けている」と思って
長年生きて来ただろうから、
(想像だけど)

彼らは、そう言う社会に対して
自分たちの当然の権利を主張すべく活動してる人もいるし、

何より日常生活からして我々の何倍もの時間を要するし。

後ろ向きも前向きも何も
必死で毎日を生きるしかない、と言う現実はあるよね。

それは彼らのハンディなので
24時間テレビみたいにやたら美化する必要もないし、
特別扱いする必要もないけども、

現実として、相当厳しいだろうと。
でもそんな自分を受け入れて生きてる人たちが多くいることも事実だと思う。

勿論、身体障害と言ってもこれまた人によって様々なのは言わずもがな。
2012/04/27(Fri) 08:09 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可