FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
夢か うつつか

知らないけれど

どちらも 苦しみ色ならば

私は 逃げ場を見失う





みんなが 夢を見る頃は

眠れぬ不安に

ただ堪えて

火照る体を 持て余し

何度も寝返り 打っている







翌年も

翌々年も

長い時間を

生きねばならぬと思うとき

夢も うつつも

どちらも同じ







極寒に さらされて

それでもまだ 立っている

全身を 震わせながら

夢 見られずとも

うつつを 生きる






どんな季節も

うつつを生きる

私の心の スクリーンに

end の字幕が

流れる日まで




フリー画像窓辺の女








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/09/19 00:03】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック