FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の見る夢はいつも見事に鮮明だ。
眠剤服用しての睡眠。殆ど覚醒に近い状態で見る夢なので
編集可能、ストーリー変更も可能だったりする。
なのでまさに「夢を叶える」ことも可能だが、
自分で操作していることがわかっているので、喜びはない。
むしろ、虚しさが残るカンジかな。

或いは「明晰夢」と言って、
夢の中でも「これは夢だ」と言う自覚があることもしばしばだ。
「ちょっと私、夢の中でまでこんな脇役じゃイヤだから、
この場面では私がみんなに喝采をもらう・ドレス着て舞台?たんじゅん!
瞳には涙なんだけど、夢見てるから、目は閉じてるよね」
と言った具合に。

夢は「願望充足」の現れと言われるが、
その意味では私の夢は全く解釈の必要がないほど単純明快だ。
大勢の人と大きな家の中で過ごしていたり、
夜、たまたまテレビで観た芸能人と結婚していたり。

歪曲も何もされず、願望がそのまま夢になる、と言うカンジ。

あと、何とも独特なのは、私の夢は

と言うより、
モノトーンの景色の中に
青だけが入っていたり、
赤だけが入っていたりする。
余りにイケデリックな色彩でちょっと映像にして欲しい、と思ったり。

視覚だけでなく、
匂い付きの夢 だったり、太ももを思い切り締め付けられたり、
結構バラエティーにとんでいて面白い。

空を飛ぶときには、体に力が入るが、この力の入れ加減で
ぐーん!と高く飛べたり、低空飛行になったりする。
一度風に乗れれば、どこまでも飛べる。
空を飛ぶのがいちばん気持ちが良い。

この間などは、見知らぬ女の人が私の上に乗っかり
ワタシはあなたの中で生きるのよ~~
とか何とか言って私の中に入って来た。

霊感好きな人だったらこんな夢、呪われてるとか何とか、大変なんだろうけど
そう言うものの類をあまり信じない私にとっては、単に
毎日相当のストレスな訳ね・・と解釈する。

何より覚醒にかなり近い状態で見ている夢なので、意識が既にあったりする。
思考が働いていて、それでいて完全な覚醒状態ではない、
そんなハンパな睡眠状態なので
正確には「夢」とは呼べないかも知れない。

何しろ、前頭葉、海馬、右脳、と、フル活動な感覚なのだから。

レム睡眠より、更に覚醒に近い、寝てるんだか起きてるんだかわからない
浅い夢。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/04/21 07:11】 | どーでもいい話題・おふざけ・毒吐き
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可