FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
不安の種を

部屋中にばらまいて

芽を吹かせて

大きく伸びた枝葉に

全身を絡めとられては

わざわざ 不安と戯れる






自分の半身を失った 現実

自分は影でしかなかった 現実は

私にとって

余りに 過酷過ぎて

どうしても

受け容れられなかったの





不安中毒になることでしか

自分の身を

守れなかったの






人間って悲しいの

心に負った傷が

深過ぎると

どんな形をとってでも

傷に 触れないように

触れないように

何とかして

自分の身を

守ろうとする生きものなの







新緑の下で

不安と 戯れたり

極彩色の春の中で

妄想と 眠ったり

無意識のうちに

そんな愚かな真似をしてでも

自分の身を守ろうとするの






苦しいけれど

いつか私は

不安中毒から 脱却して

この過酷な現実を

受け容れて

生きるしかないの





野生の動物みたいに

自分の傷は

自分で舐めて

癒やすしかないの



フリー画像・闇のひまわり







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/20 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック