FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ハッピーニュース2011の大賞に
被災した人の記事を読んだ「夢は流されない」が受賞したと
私は、おととい辺りにそのことを知った。

記事の主人公・被災したその人は67歳の女性。
3.11によって被災した。

何よりその人、通信制の高校を出ており
その卒業証書は無事だった・・・と
胸に抱きしめるようにして、

これは・・・筆舌に尽くし難いものがあります

と言っていた姿が、私の胸を打った。

更に彼女は、福祉系大学進学の準備を進めていると言う。
67歳。

家や思い出が流されると、
夢も希望も一緒に流されて、絶望の淵に立たされることもあるだろう。
もう自分には何もない・・・と。

でも彼女は、何歳になっても、
どんなに津波に流されても
夢は流されない、この思いだけは流されないと言う
強い意志を持っていたんだろう。

立派な勲章でもない、金メダルでもない、
東大合格証書でも卒業証書でもない。

ハタから見ればどこかわからないような
たかが 卒業証書 だったり
たかが 入学許可書 だったり
たかが 合格証書 だったりするものだけれど、

そんな、たかが紙切れ一枚に寄せるひとの思いは
様々であって、

そこに至るまでに、苦しんだ人、悩んだ人は
この紙切れ一枚に、様々な思いを馳せる。

悩み苦しんで手にした卒業証書や合格証書は、
頑張った 証し だから。

津波に流されて尚、頑張った彼女の
強い意志が込められた、
何より立派な卒業証書だった。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2012/04/08 04:23】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック