FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
なんかこれの前記事、読んでくださる方がいらっさるようなので
その2 を書きます。ちょと重複しちゃうけど。

はい!

神経症を治したかったら、治さないこと。


これはもう 鉄則 ですよ。
もう 絶対 と言っても過言ではない。

私も若い頃は
散々!治そうと「努力」して、
どんどん症状を悪化させて来た経験上言えるんです。


健康な人も、人前であがったり、緊張したりするものです。
(中には緊張したことがないと言う人もいますけど)
でも、健康な人は、自分の緊張や不安を
そのままにしておけるんです。

病気になる人と言うのは、それをそのままにしておけない、
その「こだわり」や「囚われ」が病気に繋がります。

症状を治そうと「努力」するのはやめましょう~!


ちなみに私は、振戦(震え)恐怖です。
会社でね、お客様にお茶を出す手が震えるというやつ。
これを治そう治そうとして、どんどん酷くなって
しまいには体ごと震えるようになりました。

で、大学のサークルでも、会議でも何でも良いです。
自分がその場で 震えちゃった・・・と思う余り
次回また震えたらどうしよう・・・と
次回までに何とかして、震えないように震えないように
と思えば思うほど、震えは激しくなります。
(この間が、地獄 なんだよね)

これを 予期不安 と呼びます。
でもこれこそ、症状の「思うツボ」。

震えちゃった→次は震えないようにしなくちゃ→
もっと震える→もっと震えちゃった、
次回こそ→どんどん震える
この悪循環によって、症状は果てしなく悪化する

これが神経症のメカニズムです。


勿論、治療法にもいろいろあるし、
抗不安薬で症状をある程度抑える
というケースもあるでしょう。

でも、神経症に薬は、対症療法でしかありません。
心因性の病気ですから、脳にもどこにも異常なし、なので。

神経症に罹る人というのは、
なかなか自己肯定感を持てません。

だから余計に
「こんな自分じゃダメなんだ」と
思い込んでしまうんです。
でも、もっと自分に優しくしてあげて。


♪ありの~ままの~すがた見せるのよ~~♪
(歌詞にされると安く聞こえるけど・・・・)

症状を持った自分のまま


恐怖突入
最も症状の出る場に臨む、何度でも。
最初は症状が出まくっても、必ず慣れる日が来ます。

そうすれば症状は、軽減、若しくは消失します。

これはねえ・・・ほんと、言うは易く行うは難し でね
つらい・・!んだけどね。

症状を持つ自分を 受け容れて
「いやだなあ・・」「つらいなあ・・」と思う自分のまま
「こんな自分ですいませ~ん」という姿勢でいれば

他人は案外優しいもので、
「こんな自分」をちゃんと受け容れてくれるはず。


症状を治さない
これが、神経症を治すこと です。


どうか、頑張らないで。
頑張れ は、もう「挨拶」のようにしばしば使われる言葉ですが、
わたし、だいきらい。何を言っても「がんばれ」の連打。

頑張らなくていいんです。これ以上。

なかなか理解されない、神経症のつらさを抱えて
我々神経症者は、十分頑張っているんです。

だから

頑張らないで生きましょう~



フリー画像空を仰ぐ女








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/01 00:03】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック