FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
セラピスト・ハッチは優しい。いつも。
ベタベタ優しい訳じゃない。
やたら言葉で相槌ばっか打ったりもしない。

わからないときはわからないと言う。

ナレイさんのことはナレイさんに聞かなきゃわからないからさあ~と。

なんでいっつもわかんないわかんないって言うの?
ハッチは私のこと理解してくれてたんじゃなかったの?!


と私が怒っても、

理解なんて出来ないよ
先ず 相手のことはわからない 
そっからしか本当の理解は始まらないと思うよ


確か、いつだったかそんなふうに言ってたことがあって
そのときのハッチは、いつになく強い口調で。
本当にそうだよなあ・・・・と思ったものだった。

あの、ちょっと薄暗い灯かりのともった部屋
私が座る寝椅子の後ろに、いつもハッチが座るソファ。

変わらない、温かい、あの空気。
何も言わないけど「受け入れられてる」と感じられる空気が
いつもそこにはある。

私も、見習わないと、と思いつつ

もしかして初期にはあまり感じられなかったあの空気
二人で創って来た空気なのかも知れないなあ なんて
思ってみたりする。

よく社会不安障害治療について、ネット上では
精神療法のことを
「辛い過去ばかり喋らされて思い出させるばかりで」
みたいに書かれてることが多いけど、

治療者選びを間違わなければ、そんなことは全然ないのになあ・・と思う。
少なくとも私は、辛い過去ばかり喋った覚えはない。

上質なセラピストは、一般の人がイメージしてるのとはおよそ違う。
そんな、辛い過去?を聞き出そう、なんてしない。

あの空気は、むしろクライアントに
「ここなら何を話しても良いんだなあ」と思わせてくれる。

あの空気。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/04/06 06:23】 | 精神療法
トラックバック(0) |


endeavor121
「ここなら何を話しても良いんだな」心にしみる感想ですね。



Re: endeavor121さん
ナレイ
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

本当に、ハッチのセラピーではそう思わせてくれる空気があります。
彼は私より随分と若いのですが、
それでも「受け入れられている」、「ここなら何を話しても良いんだな」
そう思わせてくれるだけの器を持った人です。

私も見習いたいと、いつも思っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「ここなら何を話しても良いんだな」心にしみる感想ですね。

2012/09/24(Mon) 23:37 | URL  | endeavor121 #gCRlnlwg[ 編集]
Re: endeavor121さん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

本当に、ハッチのセラピーではそう思わせてくれる空気があります。
彼は私より随分と若いのですが、
それでも「受け入れられている」、「ここなら何を話しても良いんだな」
そう思わせてくれるだけの器を持った人です。

私も見習いたいと、いつも思っています。
2012/09/25(Tue) 06:43 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック