FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今日はぁ、特に書くことがありません!


じゃあ書かなきゃいいじゃん!
べつに大したこたあ書いてねっし、いつも。

あ、またうちのちぬの話になっちゃうけど、
「母は強し」ってなあ、ほんまですなあ~

大雨の日
動物病院へ絹を連れて行った日、
ショックの余り先生の説明も聞こえない・・・
帰りもどうやって帰ったのか覚えてない・・・・
何とか辿り着いたら悲しくて悲しくて泣いて泣いて。

受け容れられない・・・こんな過酷な現実・・・
と思ったけど、

一日中、存分に悲しんだら
翌日は嘘みたいに
「もうなっちゃったもんはしゃあないやん」
と、すんなり受け容れられたー



あとはただ、先生の言われることに従って
おねーしゃんの出来ることを粛々と淡々と
やればええだけや、と思えた。

ま、素人目にもめっさ尿管が狭いのが若干気にはなるけど
(尿管詰まる=急性腎不全=尿毒症=死亡 なので)
それだってさ、
よほど危険なら先生はちゃんと言うはずだもの。
だから心配してえへん。

まあ「母は強し」というよりも、
私は、忌まわしいほど強いわなー
精神科の病気なのに、メンタル強い?ヘンなの~

病気ばかりしてる絹だから、正直ホント!大変な時期もあった。
金もかかるしね~
でもこの子はうちの子になるべくしてなった
そんな気がしてならんの。

よく、友達や行きつけの美容師ちゃんが
「・・・でも、絹ちゃんはね、もしナレイさんが引き取らなかったら
きっと一生シェルター生活だったと思うから」
みたいに言ってもらえるのが 救い なの。

あの右目、瞬膜癒着でよく開かないからね。

私にとっては、そーこーがー!
ちぬの最大のチャームポイントなんだけどねー


あら、ここって確か・・・・「文学・小説」メインジャンル、
「詩」サブジャンルだったわねー

ごーめんなさいね~~全然!文学的じゃなくて~
猫ブログに行きたいけど、故あってまだ行かれないんよ~
たまには詩も書きたくなるしねー




ちぬちぬちぬちぬちぬちぬちぬちぬちぬちぬ
いとちいいとちいいとちいいとちいいとちい
ふびんふびんふびんふびんふびんふびん




おねーしゃんのおむねのなかは
ちぬでいっぱーーーいにゃにょ。もういとちしゅぎて
くるちいにょ~~~



だからまあつまり、何が言いたいかというとぉ、

悲しむということは、やっぱり大事ってこと。
悲しむということを経て、人は初めて、前が見えて来るものなの。


「泣いちゃいけない」とか、よく言われるけど
泣いていいのよ。いくらでも泣いて。

人間って、弱いけど強いのよ。



はい!まとまった!(無理矢理~~)(笑



きぬ携帯画像59おなかいっぱ~い








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/25 00:03】 | どーでもいい話題・おふざけ・毒吐き
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック