FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ずっと恐れていたことが
現実になりました。


昨日、絹を病院に連れて行って検査したところ、
腎臓に結石があるとのこと。尿管にもあるかも知れない
と言われました。
エコー、レントゲンを撮って見せてもらいましたが、
素人の私でもわかるほど、
腎臓に白くて丸いのが二つ、確認できました。

また、尿管が狭くなっていました・・・。

猫は、非常に、腎臓が悪くなりやすい生きものです。



とうとう風邪以外に病気が増えちゃった・・・・
と、昨日はショックでショックで
大雨の中、呆然としたまま帰って来ました。

食欲がすっかり失せて(私の)、
昨日病院から帰って来てから、何も食べていません。



雨に濡れて、無邪気な、あどけない顔をして
なんにもしらない絹。
こんなにげんきちゃんなのに・・・と思うと、
涙が出て、仕方ありませんでした。


人間と同様、年齢を重ねれば、
様々な病気に罹るリスクが増えるのは当然のことですが、

絹は、弱い白猫だからと、餌にも気を使い、
半年に一度の血液検査も欠かしませんでした。
半年前までは、健康だったのに・・・・
こんなにげんきなのに・・・・

と、どうしても、絹の病気 という事実を
受け容れることが、まだできません。


自分の病気など、知る由もなく、
ただげんきに過ごす、その真っ黒な瞳が
愛しくて、悲しくて。

絹、お前はなんにもしらないんだね
ただ、きぶんがよいんだね・・・・・。

でも、私はこの子の母親。
どんなに悲しくても、この事実を
ちゃんと受け容れなければなりません。

ちゃんと。

でも、つらいです。

代われるものなら代わってやりたいです。

健康な猫と暮らしている皆さん、
健康なことが、当たり前 と思ってはいませんか?
当たり前 ではないですよ。
とても、とても、幸せなことです。
そのことを、どうか忘れないでください。


大雨は、容赦なく降りつづけ、
私の悲しみを、代弁しているかのようでした。




ちぬ・ラグの上でのんびじ









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/22 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック