FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
生まれついてのネガティブな私にとっては、

ポジティブな人の
「ネガティブなことを言われることが苦痛だ」って言葉、
そのまま「ポジティブ」に変えてお返ししたい気分。

何を言っても、
「もっと前向きに」だの
「そんなふうに考えてないで頑張れ」だの
そう言う言葉を浴びせかけられることが、
どんだけ苦痛なことか・・!

私の場合は、ですけどね、
いくらネガティブと言っても
「私はもうおしまいだ」だの「死にたい」だの
相手が言われて困るようなことは言わないし。
しょっちゅう辛いだのしんどいだの言わないし。
(まあそれは言ってるか)

そうやってネガティブはネガティブなりの
「マナー」を守っているのに
ネガティブで何が悪い?と言いたいです。

ちょっと愚痴をこぼしただけで
「頑張れ」の連打・・・・・・。
苦痛なんですよ。

長年ちょーうぜえ前向きな言葉に
むしろ堪えて来たんです。

何でもかんでも前向き、ポジティブ。
世の中、「ポジティブ・イデオロギー」に毒されてますね。

話、聞いてるだけでくたびれるもの~



前向きに、ポジティブに生きてくのはご自由に 
と思いますが
それをひとに押し付けられることが迷惑です!


私は、生まれつき?持ってる自分の
「ネガティブ性」が好きなんです。

ネガティブって、そんな悪いことばかりじゃないっすよ。
このネガティブ性のお陰で

物事を、ひとと違った視点で見られたりします。
悲しみが人より多い分、
他人の悲しみや苦しみに沿うこともできます。

苦しくて、苦しくて、
何とかそこから抜け出そうとするので
幾つになっても、成長できます。

(↑ここ、じうよう~はい、試験に出ま~~~す)
(笑


理屈で、
ネガティブな人をポジティブに変えようと思っても
それって、かなり無理があると思えます。

皆がそうだとは言いません。
でも、ポジティブな人の中には、
「つまり単なるお気楽な訳ね」と思われる人もいます。


それにねえ、私が語る資格ないけども
本当のポジティブって、ただ前向きに・とかでなく

いやもうあそこまで行くと、ポジティブとかネガティブとかでもなく
実に勇気とエネルギーの要ることだと思いますよ。
私の上司がそうなんだけど、彼を見てると、
きっつい・・・きつ過ぎる・・と思われるような仕事も、
楽しんでやってます。

いや、仕事というより、既存の社会を変えたい!と
常日頃思っている人なので、私から見るとすんごいエナジーですよ。
そしてその思いは、今や少しずつではあるけど実現している。
彼のような人は、
ポジティブをひとにやたら押し付けないもんです。ええ。


ポジティブ・イデオロギーをお持ちの方々は
どーぞご自由に。

とにかく私は、ネガティブのままでいい んです。
ポジティブを押し付けて来るんじゃねーよー



花束とりんご









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/15 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック