FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
どうしても私にはわからん。

例えば
理想的な人と出会って結ばれて、子供を持つことが 幸せ?

仕事で出世することが 幸せ?

それとも金か。いや、金は確かに欲しい。

でも、そんな即物的なものが 幸せ な訳?

 
まあそういうことを幸せ と思う人がいるなら、
それはべつにその人の自由だから良いけど。

でも、私には、なんか解せぬ。


昔、「朝まで生テレビ」の中で、ある作家の論客が

「人は幸せになるために生まれて来たんです」
と言った。

するとある学者の論客が

「人にはいろんな生まれ育ちがあって
それは、必ずしも幸せとは限らないんですよ。
そこで、人が幸せになることが当たり前だ、と
問題を設定するのは、非常に傲慢なことです」

と言った。(まあこれ、個人レベルの話ではなくて、
ある新宗教の教義・としての発言だったから、反論してたんだけどね)

私はこの学者に同感。

「幸せになるために生まれて来た」?
なんて、ほんと傲慢ですよ~

だって、幸せっていつまで待ってても
「訪問して来る」ものではないんでしょ?
多分、自分で掴みとるものなんでしょ?

てか私はそもそも、「幸福/不幸」という間尺で
物事を見ていないんだけどね。

自分を受け容れてくれる世界を、信頼し、
世界に受け容れられている自分を、信頼出来る



これだよね。
ほんとにまあ~!エリクソンさんありがとね、みたいな?


人生の最初にこれを体感できるのとできないのとでは
その後の人生、ハッキリと明暗を分かつ。

残念ながら、私は後者だったけど、今からでも遅くない。


精神療法は、産まれ直しの作業みたいなものだから、

いつかきっと、
世界を信頼し、自分を信頼できる、そんな自分になるのだよ。
そしたら、その先には私が求めて止まない、楽 が待っている。

少なくとも私は、世界が優しいものだということがわかった。
かつて自分が思っていたような、怖い怖い敵 ではないんだと。

「あと一歩、あと一歩でございます!
ご声援、ありがとうございます!
無所属廃人ナレイ、
ナレイをどうぞよろしくお願い致します!」


選挙カーのうぐいす嬢気分(笑
ほんと、あと一歩・・・!な気がしてならんのだけどなーー


「命の力には、外的偶然を
やがて内的必然と観ずる能力が備はってゐるものだ。
この思想は宗教的である」

by 小林秀雄

ってこたあ、この長き苦しみにもちゃんと意味があるんだね?
小林さん。私の生き方次第でね。

苦しいけど、自分の「命の力」信じてみますわ。
小林さん、あと少しだけ。










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/09 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック