FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
って言うのは、ちょっと暴論だけど、
周りの人を見てて思う。

幸せな人って
つまり、毎日が楽なんでしょ?


私の大好きな 故・河合隼雄せんせが
本に書いていた。

「人間は、楽なほう楽なほうに流れるから
失敗や挫折なしに、先ず変わることはできない」
って。


するってえと、わたしゃ挫折の連続で
毎日が、とにかく苦しいから、
何とかして変わる(成長する)しかないのよ。


こないだも、友人とちょっとしたすれ違いがあって
彼女が私の欠点を指摘したので
そうすると私は
「ん・・・?そっかなあ・・・そんな欠点が私に?」
と、考える。
「確かにそうかも知れない」
と、認める。

私は、頑固だけど、
自分の気持ちに対してだけは、素直なので。


でも、人間関係って常に相補的なものだから、
私も彼女の欠点を指摘した。

でも彼女は、頑としてそれを認めなかった。

そのとき私は、
「多分、この人は一生変わること(成長すること)は
できないだろう」
と思った。

なまじ順風満帆に来てしまうと
今以上の成長はないんだろうなと。


そう考えると、苦しむことも、
まんざら悪いことばかりではないかも知れない。


私はカウンセリング(精神分析的精神療法)を受けているので
セラピストからも、結構厳しく私の深層を示唆される。
それはとても痛くて、認めたくない!と思うけど
セラピスト・ハッチは、的を外さないから、痛くても認めるしかない。

相手のせいにするのってラクなんだけどねー
自分の問題と捉えるのは、本当に痛い・・・

けど、

何より、私はハッチに全幅の信頼をおいている。

そして
苦しいからこそ、変わる(成長する)ことができる。

勿論、そんな簡単に変われる訳じゃない。

私なんかまだダメダメで、なかなか変われない・・・と思ってます。

でも、「お、随分柔らかくなったね」「変化してるよ」
ハッチはそう言ってくれる。


物事は考えようだね。


過去と他人は変えられないけど
自分と未来は変えられる

(これ、エリック・バーン<Eric Berne>という人の言葉だったのね?
かのエリクソンに教育分析を受けてる心理学者なんだ・・)

と、よく言われるもんね。


つまり、

順風満帆な彼女よ、

お気の毒さま~
どーぞ、ご勝手に~




ってことかしら?








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/26 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック