FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あまり診断分類して病名で括るのは好きでないが、
統合失調症、うつ病と並んで、最近やたら多くなっているのは
やはり人格障害だろう。

自分の過去の経験からも、この手の人たちとは結構関わって来たが、
多いと感じる。

自覚があればまだ良いのであるが、自覚のない人たちには、いつも困った。

彼らは症状を持たない。
パーソナリティ障害の場合は、自分の内的な葛藤を処理するのに
都合のよい外的な現実を実際の外的な行動によって、つくり出す。
例えば相手に対して怒りを抱いていた場合、
それを内面的に心の中で処理したり(神経症)
妄想を相手に投影し被害妄想を抱く
というような処理の仕方(精神病)ではなくて
実際に相手との間にある争い事をつくり出す。

(小此木啓吾)

だからこそ、症状を持たないのである。

この、小此木啓吾氏の定義が最もしっくり来る気がする。

何もした覚えはないのだが、ある日
ワタシはナレイさんをそんけーしているわ
と言って来るので、
そんけーか・・・じゃあ2~3日後が大変だな・・なんて思っていると案の定
あなたは恐ろしい人だわ!二度とワタシに話しかけないで!
と、罵倒される。

これは現実の私とは関係なく
その人が「こうあって欲しいナレイ像」として私を理想化し、
それが崩れると途端におとしめる訳である。

ここにもし私が乗っかって怒ったりすれば、大変な争いになるので
私は一貫して、何を言われても「あ、そう~」と流して来たが、
まあ、上げたり下げたりわたしゃ洗濯物かよ・・?と思ったもんだった。

ここに乗っかると、争い となり、この人の内的葛藤の解消の「材料」として
あらゆる人が巻き込まれる、と言う訳である。

しかし、人格障害の人の全てがこう言うことをする訳では決してない。
これはあくまで一例に過ぎず、
人格障害=トラブルメーカー のようなレッテル張りはしたくない
と、私は常々思っている。
人格障害とひと口に言っても、様々であり、同じ事例はひとつとしてない。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2012/04/01 06:18】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック