FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
一日おきに飲ませる薬は、3種類。
点眼は毎日、1種類。
鼻づまりには、ネブライザー

以前にも何度も書いたけれど

これだけの薬を、一生飲ませることで
絹のげんきは保たれています。

でも、それだけの薬を一生飲ませる重圧・・・。
私は、いつしか絹の世話に、限界を感じていました。
全臼歯抜歯は、いろいろと問題があって出来ず、

それで、先ずは歯石取り(全身麻酔)
をしてもらいました。
歯石取りで口内炎が完治することもあるそうです。

ただ、この歯石取り、
それをしただけで済む訳ではなく
毎日の歯磨きが必須とのこと。

はみがき・・・・・・?
まいにち・・・・・・?
絹に歯磨きなんて無理・・・・
これじゃあ負担が却って増えた・・・
と、何だかアタマがおかしくなって、
その夜私は思い切り、取り乱しました。


正直もう無理・・・・と思い、
シェルターに返す・・・?が、
初めて、私の脳裏をかすめました。

でも、よく言われますよね。
「子供は親を選べない」と。
絹だって、べつに自分から手を挙げて
私の子になりたいと言った訳ではありません。

私が、自分の意思で、引き取った子です。
だったらどんなに大変でも
私が絹の一生を看るしかないんです。

もしもシェルターに返しても、
絹はそれをそのまま受け容れて生きるでしょう。

そしてイヌネコというのは、
寂しい、悲しい、ひもじい、怖い
そういう感情はちゃんと持ち合わせています。

なのに、誰かを憎むとか恨むとか、
そんな感情は持たないんです。


それを思うと、いつも涙が噴き出ます。
イヌネコは、なんて立派なんだろうと。
愚かなのは、人間のほうではないかと。


絹はもう私の娘。

子供を産み育てる経験が出来なかった私は、
イヌネコを育てることで、この子たちから
多くのことを学んでいるのかも知れません。

絹は、絹。
Amazonで買い物した商品みたいに
初期不良で返品・交換はききません。

絹 という いのちは、他にはいないから。

どんな不良品 であっても、
私は絹を、愛しています。

とんだ「不良品」の絹。「初期不良」の絹。
でも、それも全部ひっくるめて、
私は絹を、愛しています。

絹 と言う子は、今、私の足元で眠っている、
この子しかいないんです。


私は、絹の丸ごとを愛し、絹の丸ごとを抱える覚悟です。
絹の最期の、その時 が来るまで。



ちぬ・ラグの上でのんびじ

お陰様で、何とか歯ブラシに少し慣れてくれました。
♪は・み・が・き じょうずかにゃあ~あ♪
とか歌いながら、毎日歯磨きしています。
まともに磨けてはいませんが、
とにかく歯ブラシに慣れてくれれば良いんです。

きぬおくすり一式
これだけの薬が、もう少し減ってくれたら・・・
口内炎、治るといいねえ~

先日、飼い主にお腹を蹴飛ばされているレトリバーの動画が
問題になりましたね。レイちゃんという。
遠目にもわかる老犬で、涙が出ました。
広島で保護活動をしている方には心から感謝しましたが、
もしかしたらレイちゃんは、今でもあの飼い主を思っているかも知れません。
犬は、そういう生きものなんです。









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/05 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック