FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

おかあさんはわたしに いぞんという

おおきなかたみを のこしました





1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

ぎいぎいという

はげしいおとを立てて 呼吸して

くるしみぬいて 死にました

おいしゃさんが「ご臨終です」と

じむてきに言いました。

おかあさんのきいろい体は

すぐにつめたくなっていきました





1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

おそうしきのとき

みんなが泣いてくれました

泣けないわたしのかわりに

みんなが泣いてくれた その涙が

からっぽになった わたしの心に

しみました






1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

おかあさんのびょうしつは506号室でした

「6号に入った患者はみんな死ぬんだよ」と

牢名主みたいな かんじゃのおばあさんが

ごていねいにおしえてくれました

牢名主のおばあさんは

6号に入っていく患者を

たのしみにしているようでした

でもわたしのあたまはもうろうとしていて

大してきずつくこともありませんでした。





1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

そのときから

こころのとけいを 失くしました





1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

つい一週間前に おつやをして

つぎの日に おそうしきを出した気がします






1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました

わたしのこころも

生きながら 死にました





1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました






1999年11月10日水ようび はれ

おかあさんが死にました




フリー画像・いのちのろうそく









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村



スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/03/31 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック